コンテンツへスキップ

白谷雲水峡のツアー写真撮影に行ってきました

ホームページで使っている白谷雲水峡ガイドツアーの様子の写真をリニューアルしたいなぁ、ということで撮影に行ってきました。

ツアー参加者のモデルは、前回のヤクスギランド・太忠岳に引き続き ライダーハウス とまり木 に滞在中のこうさくと、自称屋久島観光大使、あずささんにお願いしました。

 

  • まずは登山口にて準備を整えましょう。

白谷雲水峡の駐車場は第一駐車場で20台分ほどの駐車スペースとなります。

ゴールデンウィークや夏休みシーズンなどは早い時間に満車となってしまいますがご心配なく。駐車できないため待ち時間が発生したり、登山が出来ないということはありません。

駐車できるスペースまで誘導してもらえますので、係の人の指示に従ってください。

まずは駐車場の近くにあるお手洗いを済ませましょう。

白谷雲水峡内は定められた場所以外は禁煙です。トイレ上に喫煙スペースあり。

登山口にある東屋で準備を整えましょう。靴ひものチェックも忘れずに。

11月下旬のこの日で、登山口の気温が10℃ほどでした。歩いているときにはちょうどいいくらいでした。行動中はあまり着こまずに汗冷えに気を付けましょう。

風が通ると休憩時は冷えてきますので、上着でこまめな体温調整を心がけるといいですね。

  • 準備が整ったら、いよいよ出発!まずは弥生杉コース。

10:00頃、登山口をスタート!

まずはさつき吊り橋までの15分ほど、舗装された比較的歩きやすい道が続きます。

歩き始めてすぐ、弥生杉へ向かう分岐点がありますが今回はスルー。

憩いの岩場を登ります。足元に気を付けましょう。

屋久島の森を歩くとよく見られる光景ですね。

1代目の杉の上に2代目の杉が成長している様から、二代杉と呼ばれています。

登山口から15分ほど歩くと、奉行杉コースとの分岐点が出てきます。

往路ではさつき吊り橋を渡り、楠川歩道を進んでいきます。

 

  • ウォーミングアップ終了。いよいよ本格的な登山道へ。

さつき吊り橋を渡ったら本格的な登山道が始まります。

ここから先を散策する際は登山靴等、しっかりとした準備をしましょう。

はじめ、5分ほど急登が続きます。

楠川歩道を進んでいきます。

登山道沿いにも、一面苔の世界が広がっています。

登山道が始まって30分ほどで、最初の渡渉点に差し掛かります。大雨による増水時は要注意です。

増水時は渡渉不可となります。雨の日は登山口管理棟にて増水の状態を確認して、無理をしない行動を心がけましょう。

しばらく歩くと、あたりが霧に覆われ始めました。

幻想的です。

くぐり杉をくぐっていきましょう。

登山口から約1時間、白谷避難小屋でしばしの休憩。

トイレがありますが汲み取り式のものですので、携帯電話など落とし物のないように気を付けましょう。

ここから太鼓岩まで行き、戻ってくるまで2時間ほどかかります。心配な方は必ず済ませるようにしましょう。

写真のテーブル左手に飲水可の水場もあります。

 

  • 銘木、七本杉。そして苔むす森へ。

休憩を済ませたら進んでいきましょう。歩き始めてすぐ、七本杉が姿を現します。

霧に覆われるその姿は雄大ですね。

七本杉を越えてすぐ左手に水場あり。

11:30頃、苔むす森まで到着。

幻想的な光景ですね。

苔むす森を越えると、登山道が少しハードになってきます。

頑張って進んでいきましょう。

苔むす森から約40分、水場あり。

苔むす森~太鼓岩までの間で、飲み物が足りない方はここで給水しましょう。

12:20頃、太鼓岩のふもとの辻峠に到着。ベンチを使ってお昼ご飯タイム。

ご飯を食べていると霧の隙間から光が差し始めました。これはいい前兆だ。

 

  • 絶景、太鼓岩。

お昼が済んだら再び出発。だんだん霧が晴れ、明るくなってきました。

太鼓岩に行く前に少し寄り道を。辻の岩屋へ立ち寄ります。

辻峠から分岐点を左に折れ、いよいよ太鼓岩へ向かいます。

この日一番の急登が始まります。心してかかりましょう。

太鼓岩まで15分ほどの急登です。

13:30頃、目的地の太鼓岩まで到着!

霧も完全に晴れました。絶景です。

太鼓岩はあまり広いスペースではありません。いいポイントをあまり長時間独占せず、混雑時は譲り合うようにしましょう。

この絶景を、色々な方と共有出来たらいいですね。

しばし太鼓岩を満喫したら下山開始。

太鼓岩から辻峠まで一方通行です。帰路は迂回路を使いましょう。

霧が晴れて、光の差し込む森の中を歩いていきます。

往路と復路で、森の印象がだいぶ変わりました。

日ごと、時間ごとに印象を変えていく白谷雲水峡は、何度来ても飽きることがありません。

 

  • 余裕のある日は帰路にて奉行杉コースへ。

苔むす森から戻り、白谷避難小屋にて休憩後、帰路を進んでいきます。

くぐり杉を通り過ぎ、しばらく下り道を進んでいくと、往路で通った楠川歩道と奉行杉コースの分岐点に差し掛かります。

この日は体力的に余裕があったので奉行杉コースを歩きました。

二代くぐり杉をくぐった先すぐの沢沿いは、苔がとてもきれいです。

登山道は、復路で通った楠川歩道よりあまり整備されていません。

苔と木の根に覆われた登山道を進みます。

奉行杉コースも沢の渡渉点が何か所かあります。

楠川歩道の渡渉点よりも先に増水することが多いので、大雨時は十分注意が必要です。

こちらのコースも銘木が立て続けに現れます。

コースの名前になっている奉行杉に始まり、三本槍杉、びびんこ杉と続きます。

 

びびんこ杉を越え、3つ目の沢を渡ったら少し休憩。

三本足杉を正面に眺めつつ、しばしのコーヒータイム。

川の音を聞きながらのんびりしました。

二代大杉が見えたら、奉行杉コースもあと少し。

比較的登山客も少なく、個性的な屋久杉と苔の美しさを楽しめるいいコースですよ。

さつき吊り橋と奉行杉コースの分岐点まで戻ってきました。

ここまでくると少しホッとします。

憩いの大岩を下りきったら、登山口まであと少し。

終わってしまうのが名残り惜しくなってしまいますね。

 

  • 登山口に到着!お疲れさまでした。

16:30頃、白谷雲水峡登山口に到着!お疲れさまでした。

あまりキャピキャピせず、かつ楽しそうに、というこちらのリクエストにもうまく応えてもらいました。2人とも長い時間をお付き合いありがとう!

この日に撮った写真を使った 白谷雲水峡ガイドツアー ページは、近日中にアップロード予定。乞うご期待。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Optionally add an image (JPEG only)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)