コンテンツへスキップ

縄文杉を眺める

屋久島で宮之浦岳縦走登山や縄文杉トレッキングを日帰りではなく山泊で行かれたい方に向けて、山小屋(避難小屋)やテント場でのキャンプをする際の場所や使い方、トイレの状況、水場の場所、利用時のルールやマナーをまとめました。

屋久島で初めて登山をされる方や山泊キャンプが初めての初心者の方はぜひ参考になさってください。

 

屋久島内の山小屋やテント場について

 

屋久島島内には全部で6か所の山小屋(避難小屋)があります。

  • 白谷山荘 (標高 825m、収容人数 約60人)
  • 高塚小屋 (標高 1,330m、収容人数 約20人)
  • 新高塚小屋 (標高 1,460m、収容人数 約60人)
  • 鹿之沢小屋 (標高 1,550m、収容人数 約20人)
  • 淀川小屋 (標高 1,380m、収容人数 約40人)
  • 石塚小屋 (標高 1,600m、収容人数 約20人)

すべての小屋が管理人の常駐していない無人の避難小屋です。

利用は無料ですが、維持管理の費用は世界自然遺産屋久島山岳部環境保全協力金で一部賄われています。(任意金です。)

宿泊の際は事前予約できず、早いもの勝ちになります。

寝具(寝袋、シェラフやマットなど)やガスとバーナー、コッフェルなどの調理道具、食事の備え付けはありませんのでご自分で準備いただく必要があります。

テントを使う場合は各小屋近くのテントスペースを使います。屋久島の山中は小屋付近以外でのテント泊やキャンプは、緊急時を除いて原則として禁止となっています。

各避難小屋には定員があり、混雑具合によっては各小屋近くのテントスペースでキャンプをすることになります。

ゴールデンウィークや夏休みシーズンなど混雑が予想される時期は、定番コースの宮之浦岳~縄文杉縦走時に使う、高塚小屋新高塚小屋の人気の避難小屋は特に混雑します。

到着が遅れると避難小屋に入りきれない場合もありますので、ハイシーズンは事前にテントをお持ちくいただくことをおすすめします。

 

各避難小屋とテント場の使い方や注意点、ルールやマナー

 

高塚小屋の案内看板

  1. バーナーやガスコンロの利用は火事に気を付けてお使いください。
  2. 自分で出したごみや道具は自身でお持ち帰りください。親切心なのか、使いかけのガス缶や毛布を置いていく方もいますが持ち帰りましょう。
  3. 雨の日は小屋内の床をなるべくぬらさないように気を使ってください。
  4. 翌日早くに出発される方もいますので、20:00以降は静かに過ごしてください。
  5. 雨の日は雨具やレインウェアの取り違えには注意してください。
  6. 最後に出発される方は窓と扉を閉めていてください。
  7. スペースが限られていますので、周りの方と譲り合って使ってください。
  8. ヤクザルやヤクシカが荷物を荒らします。小屋の外に食品や食器を置かないでください。

 

※トイレや水場は各小屋から10分以内にあります。トイレにはトイレットペーパーは設置されていませんので各自でご準備ください。

また汲み取り式のトイレですので、中へものを落とすと回収できませんので注意してください。

屋久島でのトレッキング時のトイレについては別途まとめてあります。参考になさってください。

屋久島の山岳トイレの場所と携帯トイレの使い方

 

山小屋の利用について

すべての避難小屋は事前予約できず先着順です。

多くの方が使う公共施設ですので、譲り合って使うようにしてください。

フロアを汚してしまった場合は、次に使う人のことを考えてご自身できれいにしてください。

食べ物を吊る
フロア内には細引きのロープがありますのでうまく使いましょう。

各小屋内はネズミが出没するので要注意です。就寝時は食べ物やごみは吊るしておくことをおすすめします。

食べものをザックの中へしまい込んでいても、リュックサックごと食い破られてしまうこともありますのでご注意を。

高塚小屋2階
混雑時は特に周りの方と譲り合って使ってください。

とくに利用者の多い高塚小屋と新高塚小屋内の各フロアは、一人分のスペースがわかるように白線を引いてあります。

混雑時は特にスペースからはみ出さないように、周りの方と譲り合って使いましょう。

 

テント場の利用について

高塚小屋付近のテント場
高塚小屋ちかくのテント場。

テントを使う場合は、原則各小屋付近のスペースを使います。登山道にはみ出さないように設置してください。

テントスペースでの焚火は禁止です。

バーナーやガスコンロを使う場合は火事に気を付けてご利用ください。

猿や鹿などの野生動物がいますので、食べこぼしは放置しないでください。また餌付けも絶対にしないでください。

 

屋久島内の山小屋の場所マップ

 

屋久島の避難小屋マップ

各避難小屋の場所をマップにまとめました。

自分の行き先やルートを確認して、使用する避難小屋の位置を確認してください。

また、各避難小屋の詳細情報もまとめてありますので、屋久島旅行中に利用予定の山小屋の状況をチェックしてください。

 

白谷山荘

白谷山荘 避難小屋
白谷山荘入口と正面広場にはベンチとテーブルがあります。

標高 825m、収容人数 約60人、男女別の汲み取り式トイレあり、建物入口に水場あり

白谷雲水峡入口から約1時間。

名前に山荘とありますが、かつては管理人の常駐する山小屋として使われていたそうです。今は避難小屋として使っています。

白谷雲水峡入口に近いこともあって、宿泊利用者は少ないのですが、屋久島入りした日にここに泊まって、縄文杉や宮之浦岳へ目指される方が使っているのを見かけます。

白谷山荘 入口フロア
入ってすぐにある大フロア。
白谷山荘 2段フロア
入口フロアとは別の2段ベットになったフロア。2部屋あります。

宿泊フロアは3つに分かれていて、入ってすぐの板を敷いたスペースと宿泊スペースが2段になった部屋が2つあります。

各フロアで屋根上のソーラーパネルで充電したLED電灯を使用できます。

白谷山荘 水場
沢の水を引いています。

水場は入口正面にあります。

白谷山荘 トイレ
男女別の汲み取り式で、トイレットペーパーの備え付けがあります。

トイレは小屋内に入って正面左側にあります。

 

高塚小屋

高塚小屋
縄文杉に1番近い避難小屋です。

標高 1,330m、収容人数 約20人、男女共用の汲み取り式トイレと携帯トイレブースあり、縄文杉方面へ10分歩くと水場あり

縄文杉から約10分、新高塚小屋から約1時間。

2013年にレモンガスの赤津慎太郎氏の寄付で改築されました。壁材にガラスコーティングした紙管が使われています。隙間はシリコンで埋められているので、日中は光が差し込んで明るいです。

高塚小屋 1階
高塚小屋の1階部。同じくらいの広さのフロアが3階建てになっています。

宿泊フロアは3階建て。3階部分にはバルコニーもあります。

高塚小屋 テント場
高塚小屋付近のテント場。デッキがあるので雨の日でも快適です。

テント場は小屋横のデッキスペースと小屋から少しだけ離れた新高塚小屋方面にデッキがあります。デッキが空いていなかったら森の中の平らな空いたスペースを使います。

縄文杉近くの水場
高塚小屋に1番近い水場。縄文杉方面から高塚小屋へ向かう場合は事前に水を汲んでいくことをおすすめします。

高塚小屋付近には水場がありません。水場は高塚小屋から10分ほどの縄文杉南デッキから20m下った場所にあります。

高塚小屋トイレ
高塚小屋トイレ。最近洋式になりました。

汲み取り式トイレは小屋を出て階段を下って右側に。携帯トイレブースは小屋を出て左側の斜面の上にあります。

 

新高塚小屋

 

標高 1,460m、収容人数 約60人、男女共用の汲み取り式トイレと自己処理型トイレと携帯トイレブースあり、小屋のすぐ近くに水場あり

高塚小屋から約1時間、宮之浦岳山頂から約2時間40分

屋久島の縦走ルートでも特に人気がある、淀川登山口~宮之浦岳~高塚小屋~縄文杉~白谷雲水峡のコースで1泊2日、もしくは前泊は淀川小屋を使った2泊3日で使う方が多いです。

宿泊スペースは2段になっていて広々としています。

収容人数が多いので、縦走時は高塚小屋よりもこちらを使うことをおすすめします。

水場は小屋を出て右手の階段を下って、さらに右手へ突き当りまで進むとあります。

トイレは水場近くからさらに右手へ進むとあります。

 

鹿之沢小屋

 

標高 1,550m、収容人数 約20人、歩いて5分くらいに男女共用の汲み取り式トイレと携帯トイレブースあり、小屋のすぐ近くに水場あり

永田岳山頂から約40分

屋久島の北西へ抜ける永田歩道と南西へ抜ける花山歩道の分岐点にあります。

永田歩道と花山歩道は、ともに利用登山者が少なく、登山道が不明瞭なところもありますので注意が必要です。

日帰りでは登るのが難しい永田岳を目指す方がよく使われます。

宿泊スペースは土間で左右2つに区切られた2段のフロアです。

小屋入口正面のテント場には一応板が敷いてありますが、水の流れがあり湿り気があるので張りにくいです。

水場は花山歩道側を進んですぐ近くにあります。

トイレは永田歩道側へ進んで50mくらいのところにあります。

 

淀川小屋

淀川小屋
淀川小屋。入口付近には屋根付きのベンチあり。

標高 1,380m、収容人数 約40人、男女共用の汲み取り式トイレと携帯トイレブースあり、小屋のすぐ近くに水場あり

淀川登山口より約40分、宮之浦岳山頂より約2時間45分

安房集落から紀元杉までの路線バス14:55着で山へ入り、縦走1泊目に使う方が多いです。

淀川小屋 室内
宿泊スペースは中央通路を挟んで左右に分かれ、2段になっています。

小屋内の宿泊スペースは2段になっていて広々としています。

淀川小屋 テント場
テント場は雨が降ると水が溜まりやすいので注意。

テント場は小屋入口のすぐ正面にあります。フラットでとても張りやすいテントスペースです。

淀川小屋 水場
看板のほうへ進むと沢があります。

水場は小屋を出て右手へ進んだすぐ近くに。看板があるのでわかりやすいと思います。

淀川小屋 トイレ
右手から男女兼用の汲み取り式トイレ1室、携帯トイレブース2室です。

トイレも小屋を出て正面にあります。

 

石塚小屋

 

標高 1,600m、収容人数 約20人、男女共用の汲み取り式トイレと携帯トイレブースあり、歩いて5分くらいで水場あり

花之江河より約40分、ヤクスギランドより約3時間10分

黒味岳に1番近い避難小屋になるので、山頂で朝日を望みたい方が利用されますが、基本的には利用者の少ない避難小屋です。

水場は花之江河方面へ5分ほど進んだ登山道沿いにあります。

トイレは小屋入り口の裏側にあります。

屋久島での登山やトレッキングの際、特に屋久島初心者の方は心配に思われている山岳トイレと登山トイレについてまとめてみました。

トイレの設置場所、携帯トイレの使い方と回収場所、携帯トイレを屋久島内で購入できる場所をまとめてありますので、ぜひ屋久島旅行や観光、登山の際に参考になさってください。

 

屋久島の山岳トイレの場所

 

実際に屋久島内で山岳トイレのある場所を、マップにまとめてみました。(2021年現在の状況)

屋久島の山岳トイレマップ

既設トイレ

  • 白谷雲水峡入口
  • 白谷小屋(白谷雲水峡入口より1時間ほど、楠川分かれより2時間ほど)
  • ヤクスギランド入口
  • 荒川登山口
  • 小杉谷山荘跡(荒川登山口より1時間30分ほど)
  • 大株歩道入口(荒川登山口より3時間ほど、縄文杉より1時間30分ほど)
  • 高塚小屋(縄文杉より15分ほど)
  • 新高塚小屋(高塚小屋より1時間ほど、宮之浦岳山頂より2時間30分ほど)
  • 淀川登山口
  • 淀川小屋(淀川登山口より40分ほど)
  • 石塚小屋(花之江河より40分ほど)
  • 鹿之沢小屋(永田岳より40分ほど)

※高塚小屋、新高塚小屋、淀川小屋、石塚小屋、鹿之沢小屋の避難小屋トイレにはトイレットペーパーは備え付けされていません。

携帯トイレブース

  • 白谷小屋(白谷雲水峡入口より1時間ほど)
  • ヤクスギランド内蛇紋杉付近(ヤクスギランド入口より1時間ほど)
  • 小杉谷(荒川登山口より45分ほど)
  • 翁杉(大株歩道入口より20分ほど、ウィルソン株より5分ほど)
  • 大王杉水場付近(大王杉よりウィルソン株側へ下って5分ほど)
  • 夫婦杉(縄文杉より30分ほど)
  • 高塚小屋(縄文杉より15分ほど)
  • 新高塚小屋(高塚小屋より1時間ほど、宮之浦岳山頂より2時間30分ほど)
  • 淀川小屋(淀川登山口より40分ほど)
  • 花之江河(淀川小屋より1時間45分ほど、宮之浦岳より2時間ほど)
  • 石塚小屋(花之江河より40分ほど)
  • 翁岳分岐(宮之浦岳より30分ほど)
  • 鹿之沢小屋(永田岳より40分ほど)

 

※登山中は各所既設トイレも整備されていますが、事情により長い時間トイレがないエリアもあります。

例えば…

  • 日帰り縄文杉登山の場合、大株歩道入口~縄文杉の区間は往復で4時間30分ほど。
  • 日帰り宮之浦岳登山の場合、淀川小屋~宮之浦岳の区間は8時間ほど。
  • 淀川~白谷雲水峡など縦走登山の場合、淀川小屋~新高塚小屋の区間は6時間ほど。

上記区間は既設トイレがありません。

山中で既設トイレがないエリアは、携帯トイレブースがところどころに設置されています。心配な方は携帯トイレを事前に準備いただくことをおすすめします。

 

屋久島の山岳トイレの種類

 

屋久島でトレッキングや登山の際に使うトイレは、既設トイレ携帯トイレブースがあります。

荒川登山口トイレ
荒川登山口トイレ。水洗式です。

 

既設トイレは、各登山口にある通常の水洗トイレ、各山小屋の汲み取り式トイレ、小杉谷山荘跡のバイオトイレ、大株歩道入口の循環式トイレなどの携帯トイレを使わずに用を足せるものです。

 

携帯トイレブース テントタイプ
高塚小屋の携帯トイレブース。テントの中に便器がおいてあります。

 

携帯トイレブースは、利用者自身で携帯トイレやトイレットペーパーを事前に準備する必要があり、使用後も携帯トイレを各登山口などに併設してある回収ボックスまで持ち帰らなければいけません。

また、携帯トイレにもおむつのようなパットで吸水するタイプ(屋久島で購入できるものはこのタイプが多いです。ブース内の便座にかぶせて使うので、女性にも使いやすいです。)と粉状の吸水ポリマーで固めるタイプ(モンベル《O.D.トイレキットセット》や100円ショップなどで売っているものはこのタイプが多いです。)がありますが、どちらを使っていただいてもかまいません。

 

携帯トイレ
吸水パットタイプ(屋久島で購入できるタイプです)
携帯トイレ
粉状の吸水ポリマータイプ。いろいろな製品があります。

 

 

縄文杉トレッキング時のトイレ事情

 

数ある屋久島での登山道やトレッキングルートの中でも特に利用者の多い人気コース、荒川登山口~縄文杉までのトイレ事情を、出発地点から順番にまとめてみました。

日帰り縄文杉トレッキングのスタート地点~大株歩道入口までの片道約3時間歩くトロッコ道の区間は、3つ既設トイレが設置されています。

荒川登山口トイレ

荒川登山口 トイレ

屋久杉自然館より(バス乗り場にもトイレ有)シャトルバスに乗って35分ほど。(3月頭~11月末までの観光シーズン中はレンタカーなどの自家用車の乗り入れはできません。)縄文杉への日帰り登山の場合はこの登山口を使います。

男女別で水洗式になっています。トイレットペーパーの備え付けあり。

 

トロッコ道途中 小杉谷山荘跡 バイオトイレ

トロッコ道 小杉谷山荘跡 バイオトイレ

荒川登山口を出発して約1時間30分、トロッコ道の真ん中あたりにあるトイレです。かつてあった小杉谷山荘の跡地が使われています。

小林製薬と阪急交通社の寄贈で建てられ、おがくずの中にいる微生物が屎尿を分解するシステムのバイオトイレが採用されていますので、あまり臭いは気になりません。

男女兼用のトイレが3基あります。トイレットペーパーの備え付けあり。

 

トロッコ道終点 大株歩道入口トイレ

大株歩道入口 トロッコ道終点トイレ

トロッコ道途中の小杉谷山荘跡バイオトイレから約1時間ほど。トロッコ道終点に設置されています。

ここから先、縄文杉まで往復して戻ってくるまでの約4時間30分ほどは既設トイレがありません。

水洗の水を再利用する浄化循環式が採用されています。

男女別+男女兼用オストメイトトイレあり。トイレットペーパーの備え付けあり。

 

大株歩道入口~縄文杉の区間は携帯トイレブースあり

既設トイレのない区間、大株歩道入口~縄文杉の往復約4時間30分の間は携帯トイレブースが設置されています。

既設トイレのない約4時間30分の間、心配な方は携帯トイレを事前に準備いただくことをおすすめします。

 

翁杉携帯トイレテントブース

翁杉携帯トイレブース
大株歩道入口より上り20分ほど、ウィルソン株より下り5分ほど

 

大王杉水場付近携帯トイレテントブース

大王杉近く水場 携帯トイレブース
ウィルソン株より上り40分ほど、大王杉よりウィルソン株側へ下り5分ほど

 

夫婦杉携帯トイレブース

夫婦杉 携帯トイレブース
夫婦杉のすぐ近く、縄文杉より下り30分ほど

 

携帯トイレは何個必要?

よく携帯トイレを何個持っていけばいいか?と質問をいただくのですが、おひとり1セットお持ちいただければ十分だと思います。

実際、縄文杉ツアー中に携帯トイレを使われるお客様は10人に1人くらいです。

 

 

携帯トイレの使い方

 

聞いたことはあるものの、実際に携帯トイレを使ったことのある方は多くはないと思います。

今回は屋久島で購入できるタイプの携帯トイレで、実際の使い方を写真を交えて説明します。

 

その1 携帯トイレブースを探す。

淀川小屋 携帯トイレブース

まずは携帯トイレを使用できる携帯トイレブースを探します。

今回は淀川小屋の携帯トイレブースを使いました。

携帯トイレブースの中

携帯トイレブースの中には、このように便器だけおいてあります。

 

その2 携帯トイレを使用する。

携帯トイレ

携帯トイレのパッケージ中には、実際に用を足す便袋(写真右)と使用済み便袋を入れるチャック袋(写真左)が入っています。

携帯トイレの袋を開ける

便袋の上の部分の切り取り線に沿って袋を開け、中の吸水パットが見えるように広げてください。

携帯トイレをかぶせる

広げた便袋を携帯トイレブース内の便座の上に設置して使用します。使ったトイレットペーパーは袋の中へ捨ててもかまいません。

便袋を開けた際に出た切れ端は、袋の口を縛る際の結び紐になりますのでしまわないようにしてください。

 

その3 使用後はしっかりと密閉しましょう。

携帯トイレの口を縛る

使用後は中の空気を抜いて、便袋を開けた際に出た切れ端で袋の口を結んでください。

携帯トイレを保護袋に入れる

使用済み便袋を、チャック袋へ入れます。

携帯トイレ使用完了

便袋を入れて、チャックをしっかりと閉めたら携帯トイレ使用完了です。

チャック袋は厚めのビニールと高密閉チャックを使っているので、匂いは全く気になりませんよ。

 

その4 使用済み携帯トイレは回収ボックスまでお持ちください。

使用済み携帯トイレを捨てる

使用した携帯トイレは、ご自分で各登山口等に併設された回収ボックスまでお持ち帰りいただく必要があります。

問題なのが、使用済み携帯トイレを使ったブース内へ放置してあったり、登山道や既設トイレなどに捨てられているのをよく見かけます。絶対にやめてください。

また、携帯トイレブースの便器へ直接用を足すこともやめてください。

あとから使う人や片づける人がいることをお忘れなく。

使用済み携帯トイレ回収ボックス

回収ボックスは、白谷雲水峡入口ヤクスギランド入口荒川登山口淀川登山口荒川登山バス屋久杉自然館乗り場に設置されています。

登山後に回収ボックスへ捨て忘れて持ち帰ってしまった場合は、家庭ごみの燃えるごみで処分していただいて大丈夫です。

 

 

携帯トイレの購入場所

 

屋久島旅行前に購入していただくか(モンベル《O.D.トイレキットセット》、ホームセンターや100円ショップで災害対策グッズとして販売しています。)、屋久島にお越しいただいてから観光協会や登山ショップ、お土産屋さん、ホテルなどで購入することもできます。

値段は、2個入りで720円(税込)です。

屋久島内での購入場所例

などがあります。

ご予約・申し込みはこちら

お問合せ先

TEL/FAX:0997-46-2620 もしくは 090-6583-8501
e-mail: office@greenmessenger-yakushima.com
〒891-4311 鹿児島県熊毛郡屋久町安房788-112レジデンス銘峰101
エコツアーガイド・グリーンメッセンジャー屋久島
代表者 河部真也

電話・FAX・メールもOK!

お問い合わせは電話・FAX・メールよりお気軽にどうぞ!状況によりお電話に出られない場合があります。その場合はお手数ですが、留守番電話にお名前とご用件を残してください。こちらから折り返しお電話差し上げます。

ご予約はこちら

メインメニューの一覧 各ツアー詳細ページ一覧