コンテンツへスキップ

大阪からお越しの男性お2人と、縄文杉1泊2日ツアーへ行ってまいりました。

日帰りツアーで行くのが一般的な、荒川登山口~縄文杉~荒川登山口のルートを2日間かけて歩いてきました。

お2人とも初めての山中泊。屋久島で初めての経験をしていただきました。

大株歩道

初日は雨にもほぼ降られず。マイペースに登山道を進んでいきます。

ウィルソン株

この日は修学旅行が来ていたため、ウィルソン株あたりもにぎやかな声が。

水場に近くで休憩

縄文杉

ゆっくりと進んでいき、縄文杉までたどり着きました。実際にながめる姿はいかがだったでしょうか。

宿泊は近くの高塚避難小屋へ。ほぼ満タンでした。夜の気温は8℃前後となり山中泊となるとだいぶ肌寒くなってきました。

2日目は強く雨が降る予報でしたが、思ったほどでもなく、1日目とはまた違った森の風景となりました。

初めての山中泊と縄文杉、楽しい2日間となったでしょうか。

埼玉からお越しのお2人様を、縄文杉までご案内いたしました。

10月の3連休も終わり、登山道も落ち着き始めました。ゆったりと静かな森を歩けるいい季節です。

この日は荒川登山口をスタートするときからなかなかの強い雨模様。雨とお付き合いな1日となりました。

トロッコ道

屋久杉の切り株の前で休憩

コハウチワカエデの紅葉

コハウチワカエデの葉が色づき始めました。

縄文杉

順調に縄文杉まで到着。雨と霧の中の姿を眺めました。

縄文杉ツアー中にここまで本気の雨に降られたのは久々でした。

雨の中、長い距離を歩くのは初めての経験だったでしょう。ある意味忘れられない思い出となったのでは。

愛知からお越しのご家族を、ウィルソン株までご案内いたしました。

歩くのが心配だとの事でしたので、いけるようなら縄文杉まで。無理のない範囲でのご案内とさせていただきました。

登山道沿いの景色を楽しみつつ、ゆっくりと進んでいきました。

トロッコ道の小杉谷橋

大株歩道

おおきな屋久杉

ウィルソン株

今回はウィルソン株までのご案内として、ひと気の少ない、静かな森でゆったりと過ごしていただきました。

日常の中では味わえない景色、時間を堪能できたのでは。

茨城からお越しのご夫婦を、縄文杉までご案内いたしました。

遅めの新婚旅行で屋久島までお越しいただけたそうです。記念にお2人で縄文杉を目指しました。

すっきりとした秋晴れの中、森を眺めつつ進んでいきました。

トロッコ道

大株歩道

大きな二代杉

縄文杉

無事に縄文杉までお連れすることが出来ました。

ここのところ霧の中の縄文杉を眺めることが多かったのですが、この日はすっきりと姿を見せてくれました。

新婚旅行のいい記念になりましたか。会いたかったその姿はいかがだったでしょうか。

愛知からお越しの女性2名様を、縄文杉までご案内いたしました。

前々から屋久島には来たい気持ちがあったそうですが、今回ようやくお越しいただけたようです。

雨上がりのきれいな光景を眺めつつ、ゆったりと歩いてきました。

荒川登山口

6:00頃に荒川登山口をスタート。陽が昇るのが遅くなってきました。

歩き始めの15分くらいはヘッドライトを使います。

トロッコ道

トロッコ道で苔を眺めるお2人。雨上がりは苔も美しいです。

大株歩道

登山道が霧の中

縄文杉に近づいてくるとあたりに霧がかかり始めました。幻想的な世界です。

縄文杉

順調に縄文杉まで到着しました。霧に包まれる姿をながめました。

ようやく会えた縄文杉はどんな印象だったでしょうか。

途中で雨に降られましたが、それもまた良しです。様々な景色を楽しめた1日でした。

千葉からお越しのお2人を、縄文杉までご案内いたしました。

来たいという気持ちはあったものの、満を持してようやく屋久島までお越しいただけたようです。

2人ともカメラをお持ちでしたので、気になるところを撮影しながら森歩きを楽しみました。

トロッコ道

まずはトロッコ道。写真撮影をしながらゆったりと進みます。

大株歩道

雨上がりの森を撮影

縄文杉に近づいてくると、晴れ間が見え始めました。

木漏れ日が美しい光景でした。

縄文杉

順調に縄文杉まで到着しました!この日はすっきりとした姿を見せてくれました。

曇り空から晴れまで、いろいろな森の表情を見ることの出来る1日でした。

2

東京からお越しの女性1名様を、宮之浦岳までご案内いたしました。

ツアー開催も危ぶまれましたが、台風の影響が本格的になる前に屋久島までお越しいただけました。

宮之浦岳までの道のりは長く厳しい一筋縄ではいかないコースですが、マイペースに進んでいきました。

朝日の木漏れ日

花之江河

ロープ場を登る

森林限界に近づいてくると霧がかかり始めました。

宮之浦岳山頂

山頂につく頃には快晴とまではいきませんでしたが視界も開け、無事に宮之浦岳山頂に立つことができました。

念願かなっての九州最高峰踏破。良かったですね。

東京からお越しの女性3名様を、縄文杉までご案内いたしました。

関東方面は台風の影響が心配ですが、皆様はうまく台風をさけて屋久島までお越しいただけました。

比較的登山客も少ない、落ち着いた縄文杉までの登山道をゆったりと歩いてきました。

トロッコ道

水場で休憩

標高1200M 付近は霧の中

大きな屋久杉に触る

縄文杉

無事に縄文杉までお連れすることができました。

到着後は徐々に霧が縄文杉を多いはじめ、しばらく眺めていると霧が晴れ光が差し込み始めました。

歩くごとにさまざまな森の表情を見ることの出来たいい1日でしたね。

 

新潟からお越しのご夫婦に、縄文杉1泊2日ツアーへご参加いただきました。

日帰りでも行ける荒川登山口から縄文杉までの道のりを、あえて2日間かけて歩きます。

初めての山中泊というお2人。楽しんで過ごしていただけるようしっかりとサポートさせていただきました。

トロッコ道

大株歩道

苔を撮影

ウィルソン株にてお昼ご飯休憩と苔の撮影を。

ゆったりとした時間配分が出来るのが縄文杉1泊2日ツアーの魅力でしょうか。

縄文杉

順調に縄文杉まで到着!

まわりに人気もなく、貸切状態でしばしその姿を堪能しました。

高塚小屋で夕食

宿泊は縄文杉から歩いて10分ほどの高塚小屋へ。

天気も良かったので外で夕食を食べることに。この日の夕食は鍋でした。

屋久杉の切り株の中

翌日の下山は混雑を避けて、自然観察路を通りました。

静かな森をゆったりと歩きます。

小杉谷近くの安房川

帰りの途中、安房川に立ち寄りました。巨石に登るとスケールの大きさがよくわかります。

心配されていた台風の影響の気配もなく、2日間とも文句なしの天候に恵まれました。

お2人にはゆったりと屋久島の森、縄文杉を楽しんでいただけたのではないでしょうか。

京都からお越しのお2人を、縄文杉までご案内いたしました。

初めての本格的なトレッキングとの事、歩き切れるか心配、との事でしたが快調に歩いていただけました。

ときどきしとしとと雨が降る中、しっとりとした森を進んでいきました。

トロッコ道を進む

大きな屋久杉のとなりに立つ

ヤマグルマのトンネル

縄文杉と記念撮影

順調に縄文杉まで到着しました。縄文杉にたどり着く頃には雨も上がり、青空が。

予想より雨も強くはならず、縄文杉もくっきりと見えました。

雨上がりの姿を堪能することが出来ました。