コンテンツへスキップ

縄文杉を前に何を思う

今年の5月に屋久島へお越しいただいていた妹様が、お姉様と共に再びお越しいただきました。今回は2人で縄文杉を目指します。

秋雨前線の影響でここのところ強い雨が続いている屋久島ですが、この日は朝から青空が。前日の土砂降りがうそのようです。

雨上がりの森をゆっくりと進みました。

最初はトロッコ道を進んでいきます。木漏れ日が美しかったですね。

トロッコ道も終わり、本格的な登山道へ入っていきます。

縄文杉へ近づいてくると徐々に霧が立ち込めてきました。

この日も縄文杉まで無事に到着できました。この日はくっきりはっきりとした姿を眺めることが出来ました。

長い長い距離を歩いて対面した縄文杉はいかがだったでしょうか。

2 thoughts on “縄文杉を前に何を思う

  1. 橋本和代

    先日は大変お世話になりました。
    トレッキング初心者でしたが、ペースを考えてくださったおかげで、無理なく登ることができました。
    森の中での体験は素晴らしいもので、何か、いろんなものをいただいた気がしています。また別の季節に訪れ違った表情を見てみたいです。
    ありがとうございました。

    返信
    1. kawabe

      橋本様

      先日は縄文杉トレッキングお疲れさまでした。
      ゆっくりと進むと色々なものが目に入ってきて、縄文杉までの道中も飽きることなく進めるものです。
      ぜひぜひ季節を変えて屋久島へ再訪してください。今回とはまた違った姿を紹介できたらなと思います。
      ありがとうございました。

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Optionally add an image (JPEG only)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)