コンテンツへスキップ

熊本からお越しのご家族3名様を、白谷雲水峡苔むす森までご案内いたしました。

夏休みももうおしまいですね。森の中も落ち着き始めました。

静かな森を写真を撮りつつ、ゆっくりと進みます。全日パラっと降った雨のおかげか、苔も森も良く潤っていましたよ。

実は男の子は地域おこし協力隊で屋久島に住んでいる方だったんです。島に住んでいる方をご案内するのは初めてだったので、少し緊張しました。

遠くの島に住む彼の様子を見に、2人で屋久島までいらっしゃったんでしょうね。

おばあちゃんに屋久島の良さを見せることが出来たかな。

2

東京とアメリカからお越しのご姉妹を、白谷雲水峡太鼓岩までご案内いたしました。

前日に縄文杉まで行かれた2人。2日連続で屋久島の森を堪能されました。

夏休みも終わりに近いので森の中も少しだけ落ち着いてきました。この日も静かな森をゆっくりと進みます。

ちょうど霧が流れたタイミングで太鼓岩に到着することが出来ました。

前日に縄文杉を目指した道のりを上から眺めます。

お姉さまが高いところが苦手と聞いていたので心配でしたが、絶景を堪能していただけていたようで安心しました。

去年に白谷雲水峡をご案内いたしました母娘お2人を、縄文杉までご案内いたしました。

お母さまは今年の4月にも縄文杉までご案内していますので2回目、娘さんは初めての縄文杉登山です。

スッキリと晴れ、木漏れ日が差し込む森を堪能しながら歩きました。

今回も順調に進み、縄文杉まで到着!

お母さまは久々の、娘さんにとっては初めての縄文杉。2人でご対面することが出来ました。

 

千葉からお越しのお2人を、縄文杉までご案内いたしました。

ここのところ、晴予報でもぐずついたお天気が続いていましたが、久々にスッキリ晴れました。

雨模様も屋久島らしくていいですが、晴れの日も歩いていて気持ちがいいです。

順調に進み、縄文杉とご対面できました。

木漏れ日が差し込む縄文杉の姿も神々しいですね。

帰りの途中、沢へ寄り道していきました。

疲れた足をアイシングすると足もスッキリします。

東京からお越しのご家族4名様を、フリースタイル1日にてご案内いたしました。

午前中は、白谷雲水峡苔むす森まで。雨が滴るしっとりとした森を歩きました。

パラパラと降る雨も不思議と不快に感じません。潤った苔や森を眺めつつ、写真を撮りながらゆっくりと進みました。

昼食後は、島を反時計回りに回りつつ西部林道へ向かいました。(写真がありません!)

ヤクシカやヤクザルを自然なかたちで見ることが出来るいいところですよ。

いろいろな島の姿を見て、1日を満喫できましたでしょうか。

新潟からお越しの3名様を、縄文杉までご案内いたしました。

お母さまと息子さん+会社の同僚の方、3名での縄文杉までの挑戦です。

台風の影響で強く雨の降る時間帯もありましたが、最後までめげずに歩き切りました。

無事に縄文杉とご対面することが出来ました。最後までよく歩きました。

今回は台風の影響で白谷雲水峡は案内することはできませんでしたが、改めて屋久島までお越しください。

大阪と福岡からお越しのご姉妹+その子供たちを、縄文杉までご案内いたしました。

台風接近に伴いなのか、雨の日が続いております。空気もひんやりとしてきた印象です。秋が近いのでしょうか。

強く雨に降られる時間帯もありましたが、縄文杉までたどり着くことが出来ました。

コンデション的にもなかなか大変な日でしたが、皆さん最後まで粘り強く歩き縄文杉とご対面することが出来ました。

2日前に白谷雲水峡の太鼓岩までご案内いたしましたご家族3名様を、この日は縄文杉までお連れいたしました。

台風が通り過ぎた後もぐずついたお天気の続く屋久島です。雨の中がんばってたくさん歩きました。

最後まで粘り強く歩いて無事に縄文杉までたどり着くことが出来ました。

一時的にとても強く雨に降られる時間帯もありましたが、最後までがんばりました。

2

ご家族3世帯で、白谷雲水峡苔むす森まで行ってまいりました。

久々にまとまった雨が降ったため、沢も増水気味でした。奉行杉コースを回る予定でしたが予定変更。楠川歩道をゆっくりと進み、苔むす森を目指します。

自由研究のテーマの苔を重点的に勉強しながら進みました。

雨の日の苔むす森は、みずみずしくて美しいですね。やはりこのコースは雨の日に歩いてこそです。

たくさん写真も撮れたかな。自由研究も、苔についてうまくまとめてね。

千葉からお越しのご家族3名様を、白谷雲水峡太鼓岩までご案内いたしました。

台風15号の影響が心配されましたので、早めにスタートして午前中で下山することにしました。

早朝から歩くと人も少なく静かな森を楽しめます。

太鼓岩からの景色はやはり雲の中。風が強かったので足元の景色はちらりと見えました。

時々強く雨に降られながらの下山でしたが、山から下りると里は晴れ模様。やはりなんとも不思議な島です。