太忠岳・ヤクスギランド ガイド ツアー(完全貸切)

巨大花崗岩と屋久杉原始林の世界!

屋久島に一度来ていただいた方なら見たことがあるでしょう。 安房地区から山手の奥を眺めると、米粒のような形の突起物が見受けられます。それが今回目指す標高1497mの太忠岳です。
縄文杉の雄大さや、白谷雲水峡の太鼓岩からの展望を楽しんだことがある、屋久島リピーターの方、定番コースとは一味違った屋久島の風景を楽しみたい方などにおすすめのコースです。

太忠岳・ヤクスギランドの風景 ヤクスギランド入口付近から眺める太忠岳

屋久島は、何万年もの時間をかけて隆起した花崗岩の島。 そんな巨石と屋久杉の原始林の景観を満喫できるのがこのコース。
ヤクスギランドの美林を抜け更に奥へと進み、太忠岳山頂にそびえ立つ天柱石を目指しましょう。
ヤクスギランドを進んでいきます
ヤクスギランドを進んでいきます
まずは標高1000m付近に広がる、白谷雲水峡と並び林野庁より指定されている屋久島自然休養林、ヤクスギランドを進んでいきます。
登山道周りを見渡すと江戸時代から始まったという森林伐採の形跡が見受けられ、屋久島の島民と森とのかかわりが見て取れます。
荒川橋を渡ると本格的な登山道
ヤクスギランド50分コースと90分コースの分岐点付近にある荒川橋を渡るといよいよ本格的な登山道が始まります。進むごとに緑が深く、立ち並ぶ木々は力強くなっていきます。
小花山
蛇紋杉付近の東屋で一休みしたら、いよいよ屋久杉原生林『小花山』の森へと足を踏み入れます。
見上げると屋久杉の真っすぐな木々が、足元を見渡すと美しい苔の世界が一面に広がります。
銘木『釈迦杉』
銘木『釈迦杉』
一休みした東屋から30分ほど歩くと、天文の森の看板が見えてきます。少し下ったところに苔に覆われた美しい水場があります。 手にすくって一口水を飲んだら、上を見上げてみましょう。銘木『釈迦杉』が、静かに私たちを見下ろしています。
ヤクスギランドでは『ひげ長老』、『天柱杉』、『仏陀杉』など名だたる屋久杉を見ることが出来ますが、苔に覆われさまざまな植物が着生しているその姿は屋久杉の懐の大きさを感じさせてくれます。
このあたりから少し急登
このあたりから少し急登
さらに奥深くに足を進めると、世界遺産登録地域を告げる看板が見えてきます。ここから先が正念場。急登となり疲れが見え始めるころでしょう。
頑張って石塚山との稜線上に出れば、なだらかな道のりとなります。あたりを見渡せば、ところどころに花崗岩の巨石が。そこまでくれば、あと少し。まもなく40mほどもあるといわれる天柱石が姿を現すでしょう。
山頂!(ガスってました・・)
山頂!(ガスってました・・)
山頂の天柱石で昼食休憩しましょう。山頂にたどり着いた達成感でご飯がひときわおいしく感じるのでは。
天気が良ければ安房集落を見下ろす素晴らしい眺望が楽しめます。 あいにくの雨模様でもご安心を。屋久島は雨が多い島、雨を受け入れるのが屋久島旅行のポイントです。 展望は望めずとも実際に隣に立つと、天柱石の迫力に圧倒されるはず。 そして山頂を目指す際に通過する、小花山の霧に包まれた美しい森を存分に堪能することが出来るでしょう。
この日の様子をブログにもアップしてます。よかったらこちらも見て下さい。
→ヤクスギランド・太忠岳のツアー写真撮影に行ってきました

TOUR DATA

ツアースケジュール(送迎サービス有り)

送迎
(7:00頃)ヤクスギランド入口
ヤクスギランド経由太忠岳登山口
太忠岳山頂<昼食休憩>
ヤクスギランド150分コース
(16:00頃)ヤクスギランド出口
送迎

【補足事項】

※ トイレはヤクスギランド駐車場の1ヵ所

※ 時間は目安です。季節や交通状況等により変わりますので事前の打ち合わせの時に最終決定いたします。

※ ツアー中、お荷物などは担当ガイドの車でお預かり可能です。

料金体系(完全貸切、保険料込み、消費税別)

人数料金1人あたり
1名20,000円20,000円
2名26,000円13,000円
3名30,000円10,000円
4名34,000円8,500円
5名38,000円7,600円
6名42,000円7,000円

※ 7名様以上の場合につきましては、ご連絡いただければ柔軟に対応いたします。

お支払い方法:ツアー当日の現金支払もしくは事前振込

森林環境整備推進協力金にご協力ください(任意):高校生以上500円(ヤクスギランド入口にてお支払い)

持ち物

  • ザック
  • 雨具(カッパはしっかりしたものを)
  • 折りたたみ傘
  • ジップロックと大型ナイロンゴミ袋(雨対策用)
  • 手袋
  • 帽子(陽よけ)
  • タオル
  • お弁当(朝昼の2食分)
  • 登山靴もしくはトレッキングシューズ
  • ヘッドランプ(もしくは懐中電灯)
  • 飲み物
  • 甘いもの(チョコ・アメ等)
  • 日焼け止め
  • 携帯トイレ
こちらもご覧ください → 現場のガイドが教える「屋久島に行く前に知っておきたい意外な基礎知識」

※ カッパはしっかりしたものをお持ちください。屋久島の雨に簡易なものは役に立ちません。

※ お弁当の手配や持ち物のレンタル手配については、ご相談ください。

※ 冬場(11月~3月)は上記のほか、フリース等の防寒着、ロングスパッツ(積雪時)が必要

備考

※ ガイドコースの途中で太忠岳の動植物など自然について紹介いたします。

※ ツアー中、お荷物などは担当ガイドの車でお預かり可能です。

※ キャンセル料
1週間前以降:ツアー代金の30% 前日:ツアー代金の50% 当日:ツアー代金の全額

※ 保険について
死亡・後遺障害 500万円、入院保険金日額 5,000円、手術保険金 入院中に受けた手術の場合は入院保険金日額の10倍、それ以外の手術の場合は入院保険金日額の5倍、通院日額:3000円

※過去に大きなけがをしたことがある方、持病がある方は事前に必ずお伝えください。

 

太忠岳の月別の気候・気温・日出日没時刻など

お客様から特に問い合わせ、質問が多いのはツアー当日の気温と服装についてです。
初めて屋久島にお越しいただく方にとって心配な面ですね。

山中の気温は標高が100m上昇するごとに、おおよそ0.6 ~0.7℃ほど気温が下がります。また、風や雨の影響で体感気温はさらに変わってきます。
屋久島の平地、里での気温(天気予報の気温ですね。)、登山口と目的地付近それぞれの標高での気温を月毎に最低、最高気温の平均値でまとめました。
このデータで重要なのは、登山口付近標高での最低気温(スタート時の実際の気温)と、目的地付近標高での最高気温です。(1日の気温が1番高くなる時間帯の実際の気温)
屋久島にお越しいただく月の気温を確認していただき、服装を選ぶ際の目安にしてみてください。

また、実際の行動時に影響してくる日出、日没時間や、月毎の登山に関するひとことアドバイスも合わせてまとめてあります。
雄大な自然を楽しむには備えはとても大事なことではないでしょうか。心配、不安なことを事前に解消して、存分に屋久島旅行を堪能できるといいですね。

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12

1月の太忠岳

標高別の気温

平地登山口(1000m)山頂付近(1500m)
最低気温8.7℃2.6℃-0.5℃
最高気温14.4℃8.3℃5.3℃
※出典:気象庁ホームページ 日最低気温・日最高気温の平均(平年値、地点:屋久島)をもとに減衰率0.61℃/100mにて計算

日出・日没時刻

月初月末
日出7:147:08
日没17:2717:52

ひとことアドバイス

里は南国でも、山岳部はしっかりと寒いです。道路凍結のため、ヤクスギランド登山口までアクセスできないこともあります。

2月の太忠岳

標高別の気温

平地登山口(1000m)山頂付近(1500m)
最低気温9.1℃3℃-0.1℃
最高気温15.2℃9.1℃6.1℃
※出典:気象庁ホームページ 日最低気温・日最高気温の平均(平年値、地点:屋久島)をもとに減衰率0.61℃/100mにて計算

日出・日没時刻

月初月末
日出7:086:44
日没17:5318:15

ひとことアドバイス

南の島である屋久島ですので、あまり雪のイメージを持たずに来島する方も多いですが、山間部は深い積雪になります。道路凍結のため、ヤクスギランド登山口までアクセスできないこともあります。

3月の太忠岳

標高別の気温

平地登山口(1000m)山頂付近(1500m)
最低気温11.1℃5℃2℃
最高気温17.5℃11.4℃8.4℃
※出典:気象庁ホームページ 日最低気温・日最高気温の平均(平年値、地点:屋久島)をもとに減衰率0.61℃/100mにて計算

日出・日没時刻

月初月末
日出6:436:07
日没18:1518:35

ひとことアドバイス

特に早朝、休憩時は冷え込みますので厚手のフリース、ダウンジャケットをご準備ください。

4月の太忠岳

標高別の気温

平地登山口(1000m)山頂付近(1500m)
最低気温14.2℃8.1℃5.1℃
最高気温21.1℃15℃12℃
※出典:気象庁ホームページ 日最低気温・日最高気温の平均(平年値、地点:屋久島)をもとに減衰率0.61℃/100mにて計算

日出・日没時刻

月初月末
日出6:065:34
日没18:3618:54

ひとことアドバイス

その日の天気、風向きにより寒暖差がある季節となります。長袖シャツ+薄手のフリースなど、寒さに対応できるようにご準備ください。

5月の太忠岳

標高別の気温

平地登山口(1000m)山頂付近(1500m)
最低気温17.3℃11.2℃8.2℃
最高気温24.3℃18.2℃15.2℃
※出典:気象庁ホームページ 日最低気温・日最高気温の平均(平年値、地点:屋久島)をもとに減衰率0.61℃/100mにて計算

日出・日没時刻

月初月末
日出5:335:16
日没18:5519:14

ひとことアドバイス

比較的天候も安定し、歩いていると汗ばむ日も多くなってきます。汗冷えに気を付け、重ね着を基本に考えましょう。

6月の太忠岳

標高別の気温

平地登山口(1000m)山頂付近(1500m)
最低気温20.7℃14.6℃11.6℃
最高気温26.8℃20.7℃17.7℃
※出典:気象庁ホームページ 日最低気温・日最高気温の平均(平年値、地点:屋久島)をもとに減衰率0.61℃/100mにて計算

日出・日没時刻

月初月末
日出5:155:18
日没19:1419:23

ひとことアドバイス

雨の多い屋久島でも、特に雨量が多い季節となります。雨対策は万全に。梅雨入りは例年6月1日前後です。

7月の太忠岳

標高別の気温

平地登山口(1000m)山頂付近(1500m)
最低気温23.7℃17.6℃14.6℃
最高気温30.4℃24.3℃21.3℃
※出典:気象庁ホームページ 日最低気温・日最高気温の平均(平年値、地点:屋久島)をもとに減衰率0.61℃/100mにて計算

日出・日没時刻

月初月末
日出5:185:35
日没19:2319:12

ひとことアドバイス

梅雨空けは例年7月半ばとなります。雨対策は万全に。暑い日が多くなりますので、半そでシャツでOK。日焼けや虫さされが心配なようでしたら薄手の長袖シャツを。

8月の太忠岳

標高別の気温

平地登山口(1000m)山頂付近(1500m)
最低気温24.2℃18.1℃15.1℃
最高気温30.6℃24.5℃21.5℃
※出典:気象庁ホームページ 日最低気温・日最高気温の平均(平年値、地点:屋久島)をもとに減衰率0.61℃/100mにて計算

日出・日没時刻

月初月末
日出5:355:53
日没19:1118:41

ひとことアドバイス

暑い日が多くなりますので、半そでシャツでOK。日焼けや虫さされが心配なようでしたら薄手の長袖シャツを。

9月の太忠岳

標高別の気温

平地登山口(1000m)山頂付近(1500m)
最低気温22.6℃16.5℃13.5℃
最高気温28.7℃22.6℃19.6℃
※出典:気象庁ホームページ 日最低気温・日最高気温の平均(平年値、地点:屋久島)をもとに減衰率0.61℃/100mにて計算

日出・日没時刻

月初月末
日出5:546:10
日没18:4018:04

ひとことアドバイス

まだまだ残暑が続きますが、その日の天気、風向きにより寒暖差がある季節となります。長袖シャツ+薄手のフリースなど、寒さに対応できるようにご準備ください。

10月の太忠岳

標高別の気温

平地登山口(1000m)山頂付近(1500m)
最低気温19℃12.9℃9.9℃
最高気温24.9℃18.8℃15.8℃
※出典:気象庁ホームページ 日最低気温・日最高気温の平均(平年値、地点:屋久島)をもとに減衰率0.61℃/100mにて計算

日出・日没時刻

月初月末
日出6:106:30
日没18:0317:31

ひとことアドバイス

朝晩は肌寒い日が多くなります。長袖シャツ+薄手のフリースなど、寒さに対応できるようにご準備ください。

11月の太忠岳

標高別の気温

平地登山口(1000m)山頂付近(1500m)
最低気温14.9℃8.8℃5.8℃
最高気温20.9℃14.8℃11.8℃
※出典:気象庁ホームページ 日最低気温・日最高気温の平均(平年値、地点:屋久島)をもとに減衰率0.61℃/100mにて計算

日出・日没時刻

月初月末
日出6:316:55
日没17:3017:16

ひとことアドバイス

朝晩は冷え込むことが多くなります。長袖シャツ+薄手のフリースなどにコンパクトになるダウンジャケットがあると万全でしょう。

12月の太忠岳

標高別の気温

平地登山口(1000m)山頂付近(1500m)
最低気温10.6℃4.5℃1.5℃
最高気温16.6℃10.5℃7.5℃
※出典:気象庁ホームページ 日最低気温・日最高気温の平均(平年値、地点:屋久島)をもとに減衰率0.61℃/100mにて計算

日出・日没時刻

月初月末
日出6:567:13
日没17:1617:26

ひとことアドバイス

山間部の初雪は例年12月1日前後となります。早朝、休憩時は冷え込みますので厚手のフリース、ダウンジャケットをご準備ください。道路凍結のため、ヤクスギランド登山口までアクセスできないこともあります。

太忠岳ヤクスギランドツアーでよくある質問

Q 携帯トイレは必要ですか?
Q ヤクスギランドだけをゆっくり見て回りたいです。

よくある質問(全般的な質問)

Q 送迎は?
Q お弁当の予約は?
Q 持ち物に書かれてるジップロック、大型ゴミ袋はどうやって使いますか?
Q 折り畳み傘は必要ですか?
Q 雨の日でもツアーは開催しますか?
Q ツアーの中止は?
Q 雨カッパはどんなものを用意すればいいですか?
Q ストック(ステッキ)は必要ですか?
Q 登山時の服装は?

>Q&Aコーナーもご覧ください

グリーンメッセンジャー屋久島のオススメ!

FreeStyle半日コースで到着日・最終日を有効に遊びませんか?

1.空港や港とお宿の送り迎えもしますので安心してご参加ください。出発・到着時間に合わせてご案内できます。
2.時間の許す限り登山や島内の観光なども目いっぱい楽しめます。実質2~3時間程度でも十分楽しめる内容をご提案します。

FreeStyleコースでリピーター向けのマニアックなツアーも対応出来ます!

1.モッチョム岳・愛子岳などあまりメジャーではない登山コース
2.「のんびり・まったりしたいけど、いい場所を知らない」など、既存のツアーでは満足できない方向けのコース

 →FreeStyle(1日・半日)の詳細はこちら
ご予約・申し込みはこちら お問い合わせは、お電話・FAX・メールより
お気軽にどうぞ!
TEL:

0997-46-2620 もしくは 090-6583-8501
山に入っておりお電話に出られない場合があります。その場合はお手数ですが、留守番電話にお名前とご用件を残してください。こちらから折り返しお電話差し上げます。
FAX:0997-46-2620
e-mail:
office@greenmessenger-yakushima.com
〒891-4311
鹿児島県熊毛郡屋久町安房788-112レジデンス銘峰101
エコツアーガイド・グリーンメッセンジャー屋久島
代表者 河部真也(かわべしんや)
© 2003-2017 eco-tour guide GreenMessenger Yakushima. All Rights Reserved