縄文杉ガイド ツアー

屋久杉の巨木をめぐるロングコース!

数ある屋久杉の中でも横綱級の太さと存在感溢れる縄文杉を目指しましょう。道中の、トロッコ道や小杉谷集落跡、ウィルソン株は森と人との関わりを肌で感じられます。
往復約22km、10時間の行程で健脚者コース。

縄文杉登山の風景 縄文杉登山のコースマップ

屋久島の代名詞でもある縄文杉。

屋久杉搬出に使われたトロッコ道を歩く
屋久杉搬出に使われたトロッコ道を歩く

登山経験がなくても一度は行ってみたい森の聖地です。 悠久の森を歩いて屋久島の主を訪ねる往復約22kmの行程。平均10時間の行程を11時間程度かけてご案内します。
始まりは片道約8.5kmのトロッコ道。
かつて屋久杉伐採に使われたトロッコ道は現在でもトイレの管理などでトロッコが走っています。

人と屋久杉の歴史を感じることが出来るトロッコ道は単調に見えて意外と隠された見どころが多い。
人と屋久杉の歴史を感じることが出来るトロッコ道は単調に見えて意外と隠された見どころが多い。

トロッコ道を歩くこと一時間、安房川に架かる小杉谷橋を渡った先が屋久杉伐採の前線基地、小杉谷です。
現在は学校跡地の桜と石垣が当時の面影を伝えています。
そこから2時間ほど歩くとトロッコ道終点。 ここが最後のトイレとなります。

トロッコ道終点からは険しい山道
トロッコ道終点からは険しい山道

ここからはいよいよ木道と階段、木の根がむき出しになった登山道を進みます。
約30分、ウィルソン株が現れます。屋久島で最大の切り株といわれているウィルソン株ではハート型に見える切り株を見て行きましょう。

屋久島最大の切り株「ウィルソン株」
屋久島最大の切り株「ウィルソン株」

縄文杉まではあと2時間弱の道のり。
山道はより険しさを増しますが、大王杉や夫婦杉など、巨杉が連続して目を飽きさせません。
縄文杉への執着が薄れて無心で歩けるようになったころ、ぽっかりと縄文杉を望む展望デッキが現れます。

写真は冬の雪の中の縄文杉
写真は冬の雪の中の縄文杉

階段を登れば、いよいよ屋久島の森のシンボル縄文杉と対面できます。
何千年も生きてきた(一説には樹齢7200年とも言われる)この杉、いろんな事象を見つめてきた優しげでいて威風堂々とした素晴らしい巨木です。

帰りは達成感からか、ひとつひとつがよく見えます。
倒れた木々に芽吹く新しい森のいのち。
立ち止まり、眺め、深呼吸をしてみましょう。行きと同じコースですが帰りの森はまた違った表情に感じられます。

同じコースでも帰り道は心地よい疲れと達成感で別の森の姿を感じることができる。
同じコースでも帰り道は心地よい疲れと達成感で別の森の姿を感じることができる。

そしていよいよゴールの登山口が見えてきます。
「もう歩けないが名残惜しい」という気持ちでトロッコ道を最後まで歩ききった時の心地よい疲れと満足感を、お客様と共有出来ることがグリーンメッセンジャー屋久島スタッフの喜びです。

TOUR DATA

ツアースケジュール

送迎
(6:00頃)荒川登山口
トロッコ道
大株歩道
ウィルソン株
大王杉
縄文杉<昼食休憩>
帰路(行きと同コース)
(17:00頃)荒川登山口
送迎
【ホテル等のお迎え時間の目安】
  • 尾之間地区(いわさきホテル・JRホテルなど) → 4:00頃
  • 麦生・原地区(サンカラホテルなど) → 4:15頃
  • 安房地区(グリーンホテル・ホテル屋久島山荘・水明荘・かもめ荘など) →4:20~4:30頃
  • 小瀬田地区(縄文の宿まんてんなど) → 4:15頃
  • 宮之浦地区(田代別館・シーサイドホテルなど) → 4:00頃
  • ※帰りのホテル等到着予定時間は→18:00~19:00です。

【補足事項】

※ トイレは登山口と大株歩道手前の2ヵ所

※ 時間は目安です。季節や交通状況等により変わりますので事前の打ち合わせの時に最終決定いたします。

※ ツアー中、お荷物などは担当ガイドの車でお預かり可能です。

料金体系(完全貸切、保険料込み、消費税別)

人数料金1人あたり
1名20,000円20,000円
2名26,000円13,000円
3名30,000円10,000円
4名34,000円8,500円
5名38,000円7,600円
6名42,000円7,000円

※ 7名様以上の場合につきましては、ご連絡いただければ柔軟に対応いたします。

お支払い方法:ツアー当日の現金支払もしくは事前振込

※ 別途通行規制に伴うシャトルバス代が必要です。(2017年現在、1名様往復1380円)

山岳部環境保全協力金にご協力ください。(日帰り1000円、登山バス券の購入時に納入できます)

持ち物

  • ザック
  • 雨具(カッパはしっかりしたものを)
  • 折りたたみ傘
  • ジップロックと大型ナイロンゴミ袋(雨対策用)
  • 手袋
  • タオル
  • お弁当(朝昼の2食分)
  • 登山靴もしくはトレッキングシューズ
  • ヘッドランプ(もしくは懐中電灯)
  • 飲み物(ペットボトル500ml1本分程度で足ります)
  • 甘いもの(チョコ・アメ等)
  • 酔い止め(バス・車酔いが心配な方)
こちらもご覧ください → 現場のガイドが教える「屋久島に行く前に知っておきたい意外な基礎知識」

※ カッパはしっかりしたものをお持ちください。屋久島の雨に簡易なものは役に立ちません。

※ お弁当の手配や持ち物のレンタル手配については、ご相談ください。

※ 冬場(11月~3月)は上記のほか、フリース等の防寒着、ロングスパッツ(積雪時)が必要

備考

※ ガイドコースの途中で動植物や歴史について紹介いたします。

※ ツアー中、お荷物などは担当ガイドの車でお預かり可能です。

※ キャンセル料
 1週間前以降:ツアー代金の30% 前日:ツアー代金の50% 当日:ツアー代金の全額

※ 保険について
死亡・後遺障害 500万円、入院保険金日額 5,000円、手術保険金 入院中に受けた手術の場合は入院保険金日額の10倍、それ以外の手術の場合は入院保険金日額の5倍、通院日額:3000円

※過去に大きなけがをしたことがある方、持病がある方は事前に必ずお伝えください。

 

縄文杉登山ツアーでよくある質問

Q 何歳からツアーに参加できますか?
A 大体8歳~65歳の方とさせていただいております。

Q 雨カッパはどんなものを用意すればいいですか?
A 上下セパレートのしっかりしたものをご用意ください。ビニールの雨カッパなど簡易的なものでは役に立ちません。

Q ストック(ステッキ)は必要ですか?
A 上手に使うことができれば、足の負担が軽減できます。使ったことがない方にもガイドが使い方を指導いたします。長時間歩くのが心配な方はご準備ください。

Q 登山に向けてトレーニングしたいです。何をすればいいですか?
A 普段の生活から、とにかく歩くことを心掛けてください。また、階段の上り下りがおすすめです。エレベーター、エスカレーターを階段に切り替えるといいかも。あまり張り切りすぎてツアー前に体を傷めないようにお気を付けください。

Q 携帯トイレは必要ですか?
A 大株歩道トイレ以降、お手洗いはございません。大株歩道入口~縄文杉は往復4時間30分ほどかかります。途中携帯トイレブースが3か所ございますので、心配な方は携帯トイレをご用意ください。

Q 登山中、水場はありますか?
A 何か所かございます。ただし、雨の日の場合濁ってしまい飲めない場合があります。飲み物はペットボトル500mmを2本ほど事前にご準備ください。

>Q&Aコーナーもご覧ください

グリーンメッセンジャー屋久島のオススメ!

FreeStyle半日コースで到着日・最終日を有効に遊びませんか?

1.空港や港とお宿の送り迎えもしますので安心してご参加ください。出発・到着時間に合わせてご案内できます。
2.時間の許す限り登山や島内の観光なども目いっぱい楽しめます。実質2~3時間程度でも十分楽しめる内容をご提案します。

FreeStyleコースでリピーター向けのマニアックなツアーも対応出来ます!

1.モッチョム岳・愛子岳などあまりメジャーではない登山コース
2.「のんびり・まったりしたいけど、いい場所を知らない」など、既存のツアーでは満足できない方向けのコース

 →FreeStyle(1日・半日)の詳細はこちら
ご予約・申し込みはこちら お問い合わせは、お電話・FAX・メールよりお気軽にどうぞ!
TEL:
0997-46-2620 もしくは 090-6583-8501
FAX:0997-46-2620
e-mail: office@greenmessenger-yakushima.com
〒891-4311 鹿児島県熊毛郡屋久町安房788-112レジデンス銘峰101 エコツアーガイド・グリーンメッセンジャー屋久島 代表者 河部真也(かわべしんや)
© 2003-2017 eco-tour guide GreenMessenger Yakushima. All Rights Reserved