宮之浦岳登山ガイド ツアー

屋久島及び九州の最高峰(1936m)!

長く大変な道のりですが、山頂からは360度のパノラマ世界が広がります。海の向こうにある島々などを見下ろすことも可能。宮之浦岳は「日本百名山」のひとつでもあります。往復約16km、11時間の行程で健脚者コース。

宮之浦岳登山の風景 宮之浦岳登山のコースマップ

TOUR DATA

ツアースケジュール

送迎
(6:00頃)淀川登山口
淀川小屋
小花之江河
花之江河
投石岩屋
宮之浦岳山頂<昼食休憩>
帰路(行きと同コース)
(17:00頃)淀川登山口
送迎

【補足事項】

※ トイレは登山口と淀川小屋の2ヵ所

※ 時間は目安です。季節や交通状況等により変わりますので事前の打ち合わせの時に最終決定いたします。

※ ツアー中、お荷物などは担当ガイドの車でお預かり可能です。

料金体系(完全貸切、保険料込み、消費税別)

人数料金1人あたり
1名20,000円20,000円
2名30,000円15,000円
3名35,000円11,666円
4名40,000円10,000円
5名45,000円9,000円
6名50,000円8,333円

※ 7名様以上の場合につきましては、ご連絡いただければ柔軟に対応いたします。

お支払い方法:ツアー当日の現金支払もしくは事前振込

山岳部環境保全協力金にご協力ください。(日帰り1000円、登山バス券の購入時に納入できます)

持ち物

  • ザック
  • 雨具(カッパはしっかりしたものを)
  • 折りたたみ傘
  • ジップロックと大型ナイロンゴミ袋(雨対策用)
  • 手袋
  • 帽子(陽よけ)
  • タオル
  • お弁当(朝昼の2食分)
  • 登山靴もしくはトレッキングシューズ
  • ヘッドランプ(もしくは懐中電灯)
  • 飲み物
  • 甘いもの(チョコ・アメ等)
  • 日焼け止め
  • 携帯トイレ
こちらもご覧ください → 現場のガイドが教える「屋久島に行く前に知っておきたい意外な基礎知識」

※ カッパはしっかりしたものをお持ちください。屋久島の雨に簡易なものは役に立ちません。

※ お弁当の手配や持ち物のレンタル手配については、ご相談ください。

※ 冬場(11月~3月)は上記のほか、フリース等の防寒着、ロングスパッツ(積雪時)が必要

備考

※ ガイドコースの途中で宮之浦岳の動植物など自然について紹介いたします。

※ ツアー中、お荷物などは担当ガイドの車でお預かり可能です。

※キャンセル料
 1週間前以降:ツアー代金の30% 前日:ツアー代金の50% 当日:ツアー代金の全額

※保険について
死亡・後遺障害 500万円、入院保険金日額 5,000円、手術保険金 入院中に受けた手術の場合は入院保険金日額の10倍、それ以外の手術の場合は入院保険金日額の5倍、通院日額:3000円

※過去に大きなけがをしたことがある方、持病がある方は事前に必ずお伝えください。

 

宮之浦岳登山ツアーでよくある質問

Q 携帯トイレは必要ですか?
A トイレは淀川登山口と淀川小屋の2か所のみです。淀川小屋~黒味岳は往復約6時間(宮之浦岳は8時間)かかります。途中携帯トイレブースがありますので、必ずご用意お願いします。

Q 当日、天気が良くなさそうです。ツアー場所を変更できますか?
A できます。前日の最終確認のお電話の際、打ち合わせで決定いたします。当社は貸し切り専門のツアーのため、柔軟に対応できます。

>Q&Aコーナーもご覧ください

グリーンメッセンジャー屋久島のオススメ!

FreeStyle半日コースで到着日・最終日を有効に遊びませんか?

1.空港や港とお宿の送り迎えもしますので安心してご参加ください。出発・到着時間に合わせてご案内できます。
2.時間の許す限り登山や島内の観光なども目いっぱい楽しめます。実質2~3時間程度でも十分楽しめる内容をご提案します。

FreeStyleコースでリピーター向けのマニアックなツアーも対応出来ます!

1.モッチョム岳・愛子岳などあまりメジャーではない登山コース
2.「のんびり・まったりしたいけど、いい場所を知らない」など、既存のツアーでは満足できない方向けのコース

 →FreeStyle(1日・半日)の詳細はこちら
ご予約・申し込みはこちら お問い合わせは、お電話・FAX・メールよりお気軽にどうぞ!
TEL:
0997-46-2620 もしくは 090-6583-8501
FAX:0997-46-2620
e-mail: office@greenmessenger-yakushima.com
〒891-4311 鹿児島県熊毛郡屋久町安房788-112レジデンス銘峰101 エコツアーガイド・グリーンメッセンジャー屋久島 代表者 河部真也(かわべしんや)
© 2003-2017 eco-tour guide GreenMessenger Yakushima. All Rights Reserved