コンテンツへスキップ

大阪からお越しのご夫婦を、宮之浦岳までご案内いたしました。

今年最後の3連休の中日、屋久島も今年最後の賑わいとなりそうです。

念願だった宮之浦岳山頂を目指してたくさん歩いてきました。

日の出時間は6:50くらい。淀川小屋に到着するあたりで徐々にあたりが明るくなってきます。

前日に比べると冷え込みも少なく、霜は降りていませんでした。

花之江河から宮之浦岳山頂まで、残りおおよそ半分の距離です。

投石平までくると宮之浦岳の山頂をようやく拝めるのですが、少しガスがかかっていました。

しかし、翁岳のふもとまでやってくるとガスも抜けてすっきりとしたお天気に。

無事に宮之浦岳山頂までお連れすることが出来ました。

長く大変な行程でしたが、この絶景を見ると疲れも忘れてしまいます。

屋久島での初登山で、屋久島最高峰を踏破したお2人。いい日に登れましたね。

静岡からお越しのご夫婦を、白谷雲水峡苔むす森までご案内いたしました。

半日かけてご案内することの多い苔むす森までを、あえて1日がかりでゆったりと歩きました。

空気も冷たくなってきて、トレッキングをするには心地よい季節です。時に立ち止まりながらのんびりと進んでいきました。

苔むす森も木漏れ日が差し込んで美しかったですね。

オフシーズンも近づき、登山客もまばらになってきた静かな森を堪能出来ました。

大阪からお越しのご夫婦を、縄文杉までご案内いたしました。

屋久島も朝晩はすっかりと冷え込むようになってきました。里での最低気温は18℃、最高気温は24℃程です。段々と短い秋が終わりに近づいてきているようです。

しかし、ここのところ本当にまとめて雨が降っていません。この日も素晴らしい山日和な1日でした。

紅葉が見頃です。すっきりとした青空に良く映えていました。個人的には1年を通して一番好きな季節です。

順調に進み、縄文杉とご対面です。

後光が差し込む、神々しい姿を眺めることが出来ました。

前日にヤクスギランドをご案内いたしましたご夫婦を、この日は白谷雲水峡太鼓岩までご案内いたしました。

薄曇りの中、歩き始めました。太陽の光が優しく、苔の緑が映えます。

水の流れの音を聞きながら、ゆったりと歩いてきました。

ヤマザクラの葉が色を付け始めました。すっかり秋ですね。

ここ3日間ほどで休憩時は肌寒く感じることがふえてきました。これからは薄手のフリースなど防寒着が必要ですね。

辻峠に着くと、切り株の上でヤクザルが日向ぼっこをしていました。

サルも寒いのか、日当たりのいいところがいいみたいですね。

太鼓岩からの景色もばっちりと楽しむことが出来ました。いい景色でしたね。

2日間にわたるトレッキングで屋久島の自然をこれでもかと体感していただきました。

静岡出身のご夫婦と、ヤクスギランドを散策してまいりました。

今年の5月に屋久島にお越しになる予定だったのが、わけあって来れず。スケジュールを組みなおして10月にお越しいただけました。

今回はヤクスギランドと白谷雲水峡をご一緒させていただきました。

150分コースより奥、小花山を越えて天文の森まで足を運びました。

進んでいくと釈迦杉が突然目の前に現れます。

川べりの苔から、ヤクシマダイモンジソウの花が顔をのぞかせていました。

花弁の形が大の字に見えます。

ゆっくり歩いて屋久島の森を堪能していただきました。

ヤクスギランドは人もまばらで、静かに歩けるのがいいですよね。

翌日は白谷雲水峡へご一緒いたします。

前日に縄文杉までご案内したご夫婦2組を、この日は白谷雲水峡苔むす森までご案内いたしました。

2日連続のトレッキングとなりましたが、皆さん本当にお元気でした。

苔や景色を眺めたり、写真に収めつつゆっくり和気あいあいと進んでいきます。

前日の疲れも見せずに元気に歩いていただきました。

サザンカの花びらが散っていました。山の中はすっかり秋です。

当初は太鼓岩まで向かう予定でしたが、この日は苔むす森までにすることにしました。

ふっくらとした苔を堪能しました。

帰りに憩いの大岩でゆっくりすることにしました。

念願のティ―タイムです。

最後までお仲間同士、屋久島の森を満喫していただきました。

東京からお越しのご夫婦2組を、縄文杉までご案内いたしました。

旅行がお好きな皆様は旅先でお知り合いになったそうです。

3連休も終わり、登山客もまばらになった登山道をマイペースに進んでいきました。

順調に進んでいき、縄文杉とご対面。天気にも恵まれて、気持ちがよく歩くことが出来ました。

普段から旅をされている皆さんでしたのでとても健脚で、最後まで元気に歩いていただけました。

3連休の最終日。この日も縄文杉までのご案内でした。千葉からお越しのご夫婦をお連れしてきました。

朝晩の空気がすっかり秋らしくなってきました。トレッキングの時には歩きやすい季節です。

秋晴れの気持ちがいい気候の中、この日もたくさん歩いてきました。

荒川登山口を出発してトロッコ道を15分くらい歩いたところで朝日が昇り始めました。

 

快調に進んで行き、難なく縄文杉まで到着!この日は木漏れ日の中に佇んでいました。

すっきりとした空気の中、存分に森歩きを堪能することが出来ました。

ここ数日強い雨が続いている屋久島です。この日は白谷雲水峡へ行く予定でしたが、連日の雨により沢が増水、散策規制がかかりました。

よって、予定変更。ヤクスギランドをご案内することになりました。

ヤクスギランドなら沢の増水は心配なし。潤った森を堪能してきました。

まずは車を走らせてヤクスギランドのさらに奥、紀元杉に会いに行きました。

そしてヤクスギランドへ。80分コースを歩きました。

歩いていると赤いキノコのようなものが目につきました。ツチトリモチです。

一見キノコのように見えますが他の植物からの栄養に頼って生きている寄生植物です。

根っこをすりつぶすとトリモチがとれるそうです。

赤色が鮮やかですね。

苔の橋近くの東屋にていったん休憩。豪快な沢の流れを眺めながらのティ―タイムです。

80分コースの山道の終わりに今日のハイライト、仏陀杉が待ち構えています。

こぶの形が印象的です。

ヤクスギランドは白谷雲水峡の代案としてはもったいないほどのいい森です。ぜひいろいろな方に歩いていただきたいですね。

今回は天候に翻弄されましたお2人でしたが、最後に屋久島の森を体感していただけて良かったです。

白谷雲水峡にもぜひまた歩きに来てください。

2

この日は朝からよく降りました。山の中でまとめて雨に降られたのは久しぶりでしたね。

前日に白谷雲水峡の太鼓岩までご案内いたしましたご夫婦を、この日は縄文杉までお連れいたしました。

森の中に少しひんやりとした風が吹くようになってきました。秋が近づいてきました。

念願の縄文杉とも無事にご対面できました。登山客の少ない時間だったのか、静かな中縄文杉を堪能出来ました。

実に屋久島らしい1日というか、雨の中を歩くのもまた貴重な体験だったのでは。

屋久島到着日は台風の影響でトラブルもありましたが、無事に2日間ともに最後までご案内できてよかったです。