コンテンツへスキップ

平成最後の日は、縄文杉までのご案内となりました。

そんな記念すべき最後の日も屋久島は大雨。まあ屋久島らしいと言えば屋久島らしいですね。

ご案内したお2人には大雨にもめげず、最後まで歩き切っていただけました。

縄文杉コースのトロッコ道

トロッコ道が終わるころには雨脚も強くなり始めました。

縄文杉コースの大株歩道

夫婦で夫婦杉とともに1枚。

大雨の洗礼をうけつつも無事に縄文杉まで到着。

しかしこの日は最後までよく降りました。それも印象に残ってまた良しですね。

令和の時代もたくさんの方を感動させる縄文杉ツアーであってほしいと思います。

今年もGWがやってきました。世間は10連休ということもあり、今年も屋久島はにぎわいそうです。

GW初日は白谷雲水峡太鼓岩へ。屋久島到着日でのご案内です。

ふもとは晴れ。山に入り、午後の頭から雨がしとしとと降り始めました。しっとりとした森を楽しめましたよ。

白谷雲水峡の楠川歩道

白谷雲水峡のくぐり杉

くぐり杉もくぐり抜けていきます。

白谷雲水峡 屋久杉の切り株

白谷雲水峡の太鼓岩

辻峠を登りだした頃に霧がかかりだし、景色はどうかなあ、と思っていましたが到着するころに霧が晴れた!

太鼓岩の景色もばっちり楽しめました。

少し遅めのスタートということもあって、登山客の混雑もさけてマイペースに楽しめた1日でした。

去年に白谷雲水峡の苔むす森までと縄文杉をご案内いたしましたご夫婦が今年も屋久島まで遊びに来てくださいました。

今年は白谷雲水峡太鼓岩までのご案内です。

天気予報は雨のち晴れ。午後には雨も上がる予報ですが、さてどうなることやら。

白谷雲水峡の屋久杉の切り株

去年も1日目の白谷雲水峡は雨模様でした。今年はどうでしょうか。

白谷雲水峡の楠川歩道の森

白谷雲水峡の七本杉

七本杉のとなりを通り過ぎます。

白谷雲水峡の苔むす森

苔むす森は貸し切り状態でした。雨のおかげで苔もふっくらでした。

白谷雲水峡の太鼓岩からの景色は真っ白

太鼓岩の景色は…真っ白。残念でしたけど、なんだか楽しそうですね。

白谷雲水峡の苔むす森で記念写真

苔むす森まで下りてきましたが、やはり帰りも貸し切り状態でした。

太鼓岩からの絶景は見ることのできませんでしたが、今年も苔の世界は堪能していただけたはず。

また屋久島まで来いよ、ということでしょうか。また気が向いたらお越しくださいね。

東京からお越しのご夫婦を、白谷雲水峡太鼓岩までご案内いたしました。

ずっと来たかった屋久島、縄文杉に行ってみたかったそうですが、まずは白谷雲水峡で様子見との事。

マイペースにゆっくりと苔の森と太鼓岩の絶景を楽しんでいただきました。

白谷雲水峡のくぐり杉で記念写真

楠川歩道のくぐり杉で1枚。

白谷雲水峡のシカの宿

写真を撮りながらゆったりと進んでいきました。

白谷雲水峡の苔むす森で記念撮影

苔むす森の苔も、この日は太陽光が弱かったので緑が強く出てきれいでしたね。

白谷雲水峡の小さな杉を撮影

ところどころに杉の新芽が顔を出してきています。

うまく撮れましたか。

白谷雲水峡の太鼓岩

太鼓岩からの景色もばっちりとみることが出来ました。

新緑の美しい季節となってきましたね。黄緑色がいい感じです。

白谷雲水峡の奉行杉コースを歩く

帰りはご希望のあった奉行杉コースを回って帰りました。

見渡すかぎり苔の緑色が映える良コースです。

白谷雲水峡の奉行杉

コースの名前にもなっている奉行杉。となりに立つとスケールの大きさに驚くばかりです。

1日のんびりと写真を撮ったり、あたりを眺めながらゆったりと過ごすことのできました。

次は憧れの縄文杉に会いに行きませんか?チャレンジお待ちしております。

屋久島の観光はオフシーズン中ですが、久々に縄文杉までご案内してきました。

2月17日に開催されるサイクリング屋久島に出場する息子さんと一緒にご旅行へ来られたそうです。

暖冬の影響か、登山道沿いに雪も凍結もなし。ひっそりとした森をほぼ貸切状態でした。

縄文杉

この日の縄文杉は霧の中。実に幻想的でした。

縄文杉に近づくほどに霧がかかり、全体的にしっとりとした雰囲気でした。

ご夫婦そろってご対面出来ました。念願の姿はいかがだったでしょうか。

明けましておめでとうございます。今年の初仕事は縄文杉トレッキングとなりました。

神戸からお越しのご夫婦を縄文杉までお連れしてまいりました。

縄文杉コースのトロッコ道

朝の荒川登山口で気温は3℃程と冷え込む季節です。特に休憩時は冷えますので、手袋やネックウォーマー、ダウンジャケットの用意で防寒対策はしっかりとしましょう。

縄文杉コースのウィルソン株

ウィルソン株は貸切状態でした。観光オフシーズンの12月~2月は静かな森を楽しめます。

縄文杉コースの休憩所近く

標高1200mあたりから登山道にも雪が。

縄文杉コースの残雪

夫婦杉を超えたあたりから、ところどころ雪が固まっているところや登山道が凍り付いているところがあります。

冬場に縄文杉登山に行かれる方はゴムスパイクを準備しましょう。

縄文杉

順調に進み、縄文杉の姿を拝むことが出来ました。今年最初の縄文杉は雪化粧の姿でした。

屋久島の冬らしからぬ晴天の中歩くことが出来ました。お2人とも幸先のいいスタートを切れ、今年もいい1年になりそうですね。

大阪からお越しのご夫婦を、宮之浦岳までご案内いたしました。

今年最後の3連休の中日、屋久島も今年最後の賑わいとなりそうです。

念願だった宮之浦岳山頂を目指してたくさん歩いてきました。

宮之浦岳へ向かう途中の淀川小屋近くの森

日の出時間は6:50くらい。淀川小屋に到着するあたりで徐々にあたりが明るくなってきます。

宮之浦岳コースの花之江河

前日に比べると冷え込みも少なく、霜は降りていませんでした。

花之江河から宮之浦岳山頂まで、残りおおよそ半分の距離です。

宮之浦岳コースの近くに黒味岳

投石平までくると宮之浦岳の山頂をようやく拝めるのですが、少しガスがかかっていました。

宮之浦岳コースの翁岳をバックに撮影

しかし、翁岳のふもとまでやってくるとガスも抜けてすっきりとしたお天気に。

宮之浦岳山頂

無事に宮之浦岳山頂までお連れすることが出来ました。

宮之浦岳山頂で永田岳をバックに記念撮影

長く大変な行程でしたが、この絶景を見ると疲れも忘れてしまいます。

屋久島での初登山で、屋久島最高峰を踏破したお2人。いい日に登れましたね。

静岡からお越しのご夫婦を、白谷雲水峡苔むす森までご案内いたしました。

半日かけてご案内することの多い苔むす森までを、あえて1日がかりでゆったりと歩きました。

空気も冷たくなってきて、トレッキングをするには心地よい季節です。時に立ち止まりながらのんびりと進んでいきました。

白谷雲水峡の苔の世界

白谷雲水峡の屋久杉の切り株

白谷雲水峡の楠川歩道の白谷川

白谷雲水峡の苔むす森

苔むす森も木漏れ日が差し込んで美しかったですね。

オフシーズンも近づき、登山客もまばらになってきた静かな森を堪能出来ました。

大阪からお越しのご夫婦を、縄文杉までご案内いたしました。

屋久島も朝晩はすっかりと冷え込むようになってきました。里での最低気温は18℃、最高気温は24℃程です。段々と短い秋が終わりに近づいてきているようです。

しかし、ここのところ本当にまとめて雨が降っていません。この日も素晴らしい山日和な1日でした。

紅葉が見頃です。すっきりとした青空に良く映えていました。個人的には1年を通して一番好きな季節です。

順調に進み、縄文杉とご対面です。

後光が差し込む、神々しい姿を眺めることが出来ました。

前日にヤクスギランドをご案内いたしましたご夫婦を、この日は白谷雲水峡太鼓岩までご案内いたしました。

薄曇りの中、歩き始めました。太陽の光が優しく、苔の緑が映えます。

水の流れの音を聞きながら、ゆったりと歩いてきました。

ヤマザクラの葉が色を付け始めました。すっかり秋ですね。

ここ3日間ほどで休憩時は肌寒く感じることがふえてきました。これからは薄手のフリースなど防寒着が必要ですね。

辻峠に着くと、切り株の上でヤクザルが日向ぼっこをしていました。

サルも寒いのか、日当たりのいいところがいいみたいですね。

太鼓岩からの景色もばっちりと楽しむことが出来ました。いい景色でしたね。

2日間にわたるトレッキングで屋久島の自然をこれでもかと体感していただきました。