コンテンツへスキップ

ホームページで使っている白谷雲水峡ガイドツアーの様子の写真をリニューアルしたいなぁ、ということで撮影に行ってきました。

ツアー参加者のモデルは、前回のヤクスギランド・太忠岳に引き続き ライダーハウス とまり木 に滞在中のこうさくと、自称屋久島観光大使、あずささんにお願いしました。

 

  • まずは登山口にて準備を整えましょう。

... "白谷雲水峡のツアー写真撮影に行ってきました" を続けて読む

静岡からお越しの1人旅の方を、白谷雲水峡太鼓岩までご案内いたしました。

ちかごろ北西の風が強く吹くようになってきました。とうとう屋久島にも冬が本格的にやってきました。

お申込みいただいたときは知らなかったのですが、お客様は私の小中高校の先輩であり私の兄の同級生だったそうです。

聞かされたときは本当に驚きました。

太鼓岩までの道中に苔むす森へ立ち寄っていきます。

一面苔に覆われて美しい光景ですね。

高所恐怖症のため立ち上がれずの図。苦手な方にはたまらない景色かもしれないですね。

風は強かったものの太鼓岩からの景色も悪くなかったですよ。

時折差し込む太陽の光がきれいでした。

長崎からお越しの母娘さまと、白谷雲水峡太鼓岩までご案内いたしました。

夕方から天候が崩れる予報だったので、いつもより早めのスタート。朝方は雨の気配もなかったがどうなることやら。

 

くぐると幸運が舞い込むという、くぐり杉。

実際に近づき、触れてみると屋久杉の力強さを感じることが出来るのでは。

紅葉は散った後も美しいですね。

部分部分ではありますが、苔とのコントラストが見事です。

辻峠に到着した時の雰囲気でこれは…と思いましたがやはり。屋久島は雨の島、こういうこともあります。

真っ白な景色の太鼓岩でしたが、それでも笑顔。

展望は望めませんでしたが、雨の日の楽しみ方もあるんですよ。

雨で復活した苔をやさしく触ります。ふさふさで気持ちがいいですね。

帰り道、お母さまの靴底が剥がれるハプニングもありましたが、最後までじっくりと屋久島の風景を楽しんでいただけたのでは。

前日の縄文杉に引き続き、女性4名様を白谷雲水峡太鼓岩までご案内いたしました。

3連休も終わり、だいぶ登山客もまばらになりました。

静かな森を、のんびりと歩くことが出来ました。

夕方のフライトまでのツアーでしたが、比較的時間に余裕があったので、苔の写真を撮ったりしながら道中ゆっくりと進んでいきます。

上手に撮れていましたか。

山でのご縁があって、今回の屋久島旅行となった皆様。

トレッキングをした2日間は天候にも恵まれ、最後まで楽しんでいただいていたご様子でした。

2

縄文杉に引き続き、白谷雲水峡太鼓岩までご案内いたしました。

前日の疲れももろともせず、お2人とも最後まで元気に歩いていただきました。

道中は周りを眺めたり、写真を撮ったりとじっくりと森を堪能しながらのツアーとなりました。

白谷小屋の近くにある七本杉を眺めていきます。

色々な植物が場所を借り、絡みつき、屋久杉の懐の深さを感じますね。

途中、雲が多くなってきてどうかな、と思っていたのですが、太鼓岩からの展望もばっちり。

段々と雲が流れてきましたが、それはそれできれいな眺めでした。

今回の屋久島旅行は、お2人にとって特別なものとなったでしょうか。

これからも末永く幸せに。

栃木からお越しのご夫婦を、白谷雲水峡太鼓岩までご案内いたしました。

10月もこの日で最後、山の中を通る風がだいぶ冷たくなってきました。秋が深まってきましたね。

周りの景色を楽しみつつ、のんびりゆっくりと歩きました。苔の緑が鮮やかですね。

さらにいつもよりゆっくりと歩を進め、太鼓岩まで。

高いところが苦手な旦那様は少しだけへっぴり腰でした。

美しい森を時間をかけてじっくり歩くのはいいものですね。屋久島の森を堪能できた1日でした。

2

東京からお越しのご夫婦を、白谷雲水峡太鼓岩までご案内いたしました。

とにかく快晴、山日和で1日気持ちよく歩くことが出来ました。

太鼓岩からの景色も完璧。奥岳の稜線までくっきりと望めました。

日が落ちるのが早くなり、帰路の時間には太陽の光が弱くなって緑の濃い苔の森が楽しめるようになってきました。個人的には好きな時期なんですよね。

お2人とも帰路も元気いっぱいでしたので、帰りは奉行杉コースを通りました。丸1日かけて白谷雲水峡の森をじっくり堪能しました。

 

4

愛知県からお越しの、女性お2人様を白谷雲水峡太鼓岩までご案内いたしました。

少し早めに登山口をスタートし、白谷の森をゆっくりと歩きました。やはり早朝の森は気持ちがいいですね。

沢沿いの苔はいきいきとして、緑が映えますね。

お2人とも登山道具が少しずつ増えてきて、登山の魅力にはまりつつあるようでした。次回は縄文杉へ行きましょう。

中国からお越しのお2人を、白谷雲水峡太鼓岩までご案内いたしました。

10月に入ってから島内で中国の方を見ることが多くなっていますが、なんでも国慶節と中秋節という祝日が重なり8連休だそうです。日本でいうゴールデンウィークみたいなものでしょうか。

女性の方に通訳をお願いしつつ、拙い英語を織り交ぜながらのご案内となりました。ところどころ立ち止まり、たくさん写真を撮りながら歩いておられました。

前日に縄文杉をご案内した皆様を、白谷雲水峡太鼓岩までご案内いたしました。

2日連続のトレッキングとなりましたが縄文杉の疲れももろともせず、この日も元気な足取りでした。

途中にある、くぐり杉とともに1枚。

くぐると幸運が舞い込む杉、なんて言いますが本当かな?

太鼓岩の景色もよかったですよ。怖いと言っている割にぐいぐい前に出る皆様、落ちないように気を付けてくださいね。