コンテンツへスキップ

2

静岡県からお越しのご家族を、フリースタイル1日ツアーにてヤクスギランド西部林道を島内一周しつつご案内いたしました。

またも地元が近くのご家族でした。皆様初めての屋久島旅行です。

午前中は、まずヤクスギランドへ。50分コースを時間をかけてのんびり歩きました。

屋久島の歴史と自然のことをダイジェストのように見ることが出来ます。

さらに車を山の奥まで走らせ、紀元杉へ。

気軽に屋久杉の大きさを体感できる、銘木ですね。

昼食をとった後、午後からは島内を1周しつつ西部林道へ。道路沿いにシカやサルがたくさん現れます。

こんなにまじかで観察する事もなかなかないでしょう。屋久島ならではの光景ではないでしょうか。

静岡からお越しの1人旅の方を、白谷雲水峡太鼓岩までご案内いたしました。

ちかごろ北西の風が強く吹くようになってきました。とうとう屋久島にも冬が本格的にやってきました。

お申込みいただいたときは知らなかったのですが、お客様は私の小中高校の先輩であり私の兄の同級生だったそうです。

聞かされたときは本当に驚きました。

太鼓岩までの道中に苔むす森へ立ち寄っていきます。

一面苔に覆われて美しい光景ですね。

高所恐怖症のため立ち上がれずの図。苦手な方にはたまらない景色かもしれないですね。

風は強かったものの太鼓岩からの景色も悪くなかったですよ。

時折差し込む太陽の光がきれいでした。

山形からお越しの母娘さまを、宮之浦岳までご案内いたしました。

この日はとにかく冷え込みました。朝の淀川登山口で、車の温度計が3℃まで下がりました。

空気の冷たさで冬の訪れを感じました。

天気は抜群によかった1日でした。

花之江河からは黒味岳がくっきりと見えましたよ。

午前中の早い時間帯は、影になっているような木道デッキなどの登山道は凍り付いていました。

花之江河近辺の木道デッキや、投石平~翁岳ふもとの木道デッキは要注意です。

投石平を抜け、森林限界お越えた後は日差しが非常に強くなりました。

翁岳や奥岳の山々を眺めながらの稜線歩きは気持ちがよかったですね。。

無事に宮之浦岳登頂!あたり一面に広がる雲海の光景が感動的でした。

初めての屋久島、初めての宮之浦岳でこんな景色を楽しむことのできたお2人。よかったですねえ。

長崎からお越しの母娘さまと、白谷雲水峡太鼓岩までご案内いたしました。

夕方から天候が崩れる予報だったので、いつもより早めのスタート。朝方は雨の気配もなかったがどうなることやら。

 

くぐると幸運が舞い込むという、くぐり杉。

実際に近づき、触れてみると屋久杉の力強さを感じることが出来るのでは。

紅葉は散った後も美しいですね。

部分部分ではありますが、苔とのコントラストが見事です。

辻峠に到着した時の雰囲気でこれは…と思いましたがやはり。屋久島は雨の島、こういうこともあります。

真っ白な景色の太鼓岩でしたが、それでも笑顔。

展望は望めませんでしたが、雨の日の楽しみ方もあるんですよ。

雨で復活した苔をやさしく触ります。ふさふさで気持ちがいいですね。

帰り道、お母さまの靴底が剥がれるハプニングもありましたが、最後までじっくりと屋久島の風景を楽しんでいただけたのでは。

鹿児島からお越しの3名様と、白谷雲水峡苔むす森まで行ってまいりました。

この日のツアーはとにかく賑やか。

母娘+お母さまの妹さんという間柄のグループでしたが、とっても仲良しで終始話題が絶えず、楽し気なツアーとなりました。

前日の夜に降った雨のおかげで苔もしっとり。

白谷雲水峡は本当に雨が似合う森ですね。

屋久島の紅葉は、葉が落ちた後も目を楽しませてくれます。

苔の緑と、紅葉のコントラストが美しかったですよ。

苔むす森に到着するころには雨が降りだし、霧に覆われ始めました。

季節や日ごと、時間ごとに印象が変わっていきます。

この日はまさに屋久島らしい天気となり、幻想的な森を楽しむことが出来ました。

2

大阪からお越しの仲良し双子姉妹と、縄文杉へ行ってまいりました。

登山客もだいぶまばらで、気温的にも暑すぎず、寒すぎずちょうどいい。登山にはうってつけの季節ですね。縄文杉コースを快適に歩きたい方にはおすすめの季節です。

秋晴れの中、気持ちよく歩くことが出来た1日でした。

荒川登山口をスタートし、縄文杉まで向かうトロッコ道沿いにも見どころはたくさんです。

仁王像に見立てて命名された仁王杉。屋久杉は姿形がそれぞれ個性的で面白いですね。

ウィルソン株を通り過ぎ標高も1200Mを越えると、いたるところに屋久杉の巨木が。

さわり杉からパワーをもらったら、縄文杉まであと少しです。

マイペースに歩き続けて、順調に縄文杉まで到着。

比較的登山客の少ない時間を狙い、静かな森の中に佇む縄文杉をじっくり堪能しました。

帰りに少し時間があったので、安房川沿いの河原で、3時のティータイム。水の透明度が高く美しい光景です。

姉妹でご旅行も行かれ、なんだかうらやましい羨ましい関係ですね。縄文杉登山を通じて屋久島の魅力を体感できましたでしょうか。

前日の縄文杉に引き続き、女性4名様を白谷雲水峡太鼓岩までご案内いたしました。

3連休も終わり、だいぶ登山客もまばらになりました。

静かな森を、のんびりと歩くことが出来ました。

夕方のフライトまでのツアーでしたが、比較的時間に余裕があったので、苔の写真を撮ったりしながら道中ゆっくりと進んでいきます。

上手に撮れていましたか。

山でのご縁があって、今回の屋久島旅行となった皆様。

トレッキングをした2日間は天候にも恵まれ、最後まで楽しんでいただいていたご様子でした。

関西圏からお越しの女性4名様を、縄文杉までご案内いたしました。

3連休もこの日で最終日。縄文杉へ向かう登山道も今シーズン最後の混雑となりそうですね。

縄文杉へ向かう道中も見どころがたくさんです。

時に立ち止まり、写真を撮りながら進んでいきます。

途中で雲がかかる時間帯があったのでこれはどうかな…と思っていたのですが、縄文杉に到着するころには太陽が顔を出してくれました。

光が差し込む、神々しい縄文杉の姿が拝めました。

今年最後の3連休です。ご夫婦と共に縄文杉まで行ってまいりました。

連休初日とあり、11月の登山客数としては若干人数が多いかな、といったところ。

吹く風もひんやりとしてきて、秋を超えて冬の気配を感じるこの頃です。

旦那様は学生時代より屋久島に来て以来、3回目のご来島だそうです。

今回は奥様を連れての縄文杉へのトレッキングです。

トロッコ道、ウィルソン株、大王杉、夫婦杉を眺めつつ順調に進み、念願の縄文杉とご対面。

やっぱり何度眺めてもいいものです。

旦那様は17年ぶりの、奥様は初めての縄文杉とのご対面となりました。

帰り道は雨が少しぱらつきましたが雨音もまた心地よく、気持ちがいい山歩きができた1日でした。

2

縄文杉に引き続き、白谷雲水峡太鼓岩までご案内いたしました。

前日の疲れももろともせず、お2人とも最後まで元気に歩いていただきました。

道中は周りを眺めたり、写真を撮ったりとじっくりと森を堪能しながらのツアーとなりました。

白谷小屋の近くにある七本杉を眺めていきます。

色々な植物が場所を借り、絡みつき、屋久杉の懐の深さを感じますね。

途中、雲が多くなってきてどうかな、と思っていたのですが、太鼓岩からの展望もばっちり。

段々と雲が流れてきましたが、それはそれできれいな眺めでした。

今回の屋久島旅行は、お2人にとって特別なものとなったでしょうか。

これからも末永く幸せに。