コンテンツへスキップ

やはり雨、でも

長崎からお越しの母娘さまと、白谷雲水峡太鼓岩までご案内いたしました。

夕方から天候が崩れる予報だったので、いつもより早めのスタート。朝方は雨の気配もなかったがどうなることやら。

 

くぐると幸運が舞い込むという、くぐり杉。

実際に近づき、触れてみると屋久杉の力強さを感じることが出来るのでは。

紅葉は散った後も美しいですね。

部分部分ではありますが、苔とのコントラストが見事です。

辻峠に到着した時の雰囲気でこれは…と思いましたがやはり。屋久島は雨の島、こういうこともあります。

真っ白な景色の太鼓岩でしたが、それでも笑顔。

展望は望めませんでしたが、雨の日の楽しみ方もあるんですよ。

雨で復活した苔をやさしく触ります。ふさふさで気持ちがいいですね。

帰り道、お母さまの靴底が剥がれるハプニングもありましたが、最後までじっくりと屋久島の風景を楽しんでいただけたのでは。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Optionally add an image (JPEG only)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)